Bandoalphaのらく書き帳

おっさんのブツブツですぅ。 思い付いた時に思いついた事などのテキト~なメモ書きです。 Toshi Hino/桧野俊弘 Bandoalpha@msn.com                                                    

姿を見せた北朝鮮SSB(弾道ミサイル搭載潜水艦)

 かねてより建造中と推定されていた北朝鮮のSLBM搭載潜水艦の報道があり、一部であるがその様子が公表されている。

SSBNews
<朝鮮中央通信報道>




SSB

 排水量3,000t程度と思われるSSBに見え、セイル後方のモザイクがかけられた部位にSLBM発射筒を少なくとも3基から6基程度搭載するものに思われる。
 北朝鮮の「北極星」SLBM発射筒装置は深さ±12m程度も有れば収容可能だろうから、セイル後方のハウジング部はそれに十分な深さを持つように見える。
 SSBN(原子力弾道ミサイル潜水艦)のようなわけにはいかぬのだし、性能よりも「核弾道ミサイル搭載潜水艦」を建造・保有することに意義があるのだろうし、居住性などは無視して重武装艦とすることが出来るのも北朝鮮の特色でもあり、SLBMは艦容積の許す最大数を搭載するのだろう。(ちなみに北朝鮮が入手していたという旧ソ連G級SSBはセイルにSLBMを3基搭載であるが、G級Ⅳ型はSLBM4基搭載。G級Ⅲ型は6基搭載であった。)

SSB001

 船尾にシュラウドの付いたスクリューが見えるが、その位置からして少なくとも2軸、もしくは3軸艦と思われる。 北朝鮮潜水艦隊の主力であるR級(中国明級)はシュラウド付きスクリューの2軸艦。スクラップ品として北朝鮮が入手したという旧ソ連G級弾道ミサイル搭載潜水艦は3軸艦であった。

 どうも「使用済み」といった感じの外板の様子やいかにも古臭い排水口など、新造艦というよりはG級やR級などの既存艦をベースに改造したという印象をうける。

 他人事ながら安全なのか?と心配になるが、兎にも角にも北朝鮮が隠密性・生存性の高い(はずの)SSBを保有することの意義は大きいであろう。

 北朝鮮は着実に核保有国としての実体を推進していることになるが、南北朝鮮統一の可能性も現実化して来ており、近い将来南北統一が達成された暁には日本の隣に「核保有朝鮮国」が出現することになろうか。 そしてそれは日本に対して極めて威圧的・攻撃的な国家であろう。

 「核の脅威」というのは東西冷戦時代にも勿論あったわけだが、大国米ソ冷戦の力の均衡下での「米国の核の傘にある日本」という些か抽象的なものでなく、「いさかい事」を抱える隣国朝鮮や或いは中国といったところからの、「現実的な直接の威圧下での核の脅威」を日本は味わうことになるであろうか。

 飽く迄平和的な話し合いによる解決に徹し、相手の言い分も理解して歩み寄り、金目を貢いで全ての問題の鎮静化を図る日本が得意とする土下座外交に徹するのか、或いは国家の独立保持のため日本も将来は核武装に走ることになるのだろうか・・・(苦笑)

River of No Return

Riverofnoreturn 
☆☆
Performed by beautiful Marilyn Monroe in 1954 movie River of No Return.

   River of No Return

 Hum---If you listen you can hear it call
 Wail-a-ree (Wail-a-ree)
 There is a river called the River of No Return
 Sometimes it's peacefull and sometimes Wild and Free
 Love is a traveler on the River of No Return
 Swept on forever to be lost in the stormy sea (Wail-a-ree)

 I can hear the river call (No return, no return)
 No return, no return (Wail-a-ree)
 I can hear my lover call "Come to Me" (No return, no return)

 I lost my love on the river
 And forever my heart will yearn
 Gone, gone forever down the River of No Return
 Wail-a-ree (Wail-a-ree) wail-a-ree---e
 You'll never return to me--- (No return, no trturn----FADE)


☆☆ 

 伝説的なアメリカ女優であるMarilyn Monroeだが、最も活躍したのは1950年代であり朝鮮戦争があった頃である。(戦地慰問Youtube

 JFK(ケネディ大統領)とは”男と女の関係”であったと云われ、JFKの誕生パーティーでの妖艶な歌いぶりは「こりゃ、二人は出来ちょるばい」と思わせるに十分な迫力があった。(Youtube) さすがのホワイトハウスもたじたじで敵わないようであり、華やかな古き良き時代だろうか。

 そして1962年にLAの自宅で不慮の死を遂げている。

 艶やかな経歴の大女優も36歳の若さで短い生涯を閉じたが、老醜を晒すことなく妖艶なイメージだけを世の人々に永遠に残して去ったのは、かえって幸せかも知れぬだろうか。

 この映画の場面を見この歌を聞くと、安いバーボンをストレートでグッと干してみたくなる。

空自F-35A墜落・・・その後

 三沢302飛行隊のF-35Aが夜間戦闘訓練中に墜落したとのニュース。

JASDFpress

 墜落機はこの編隊のフライトリーダーであり、総飛行時間3200時間の大ベテランであったという。

 三沢沖にはブラボー(B)と呼ばれる訓練空域があるので、当該フライトはここで2機づつのエレメントに分かれて夜間対戦闘機戦闘訓練の機動に入ったのだろうが、直後にリーダー機が「訓練中止」を発し忽然とレーダーから消えた(墜落)ようである。

Airarea

 訓練時には最低安全高度を設定し、万一事故・故障が生じた場合でもベイルアウトして機体は捨ててもかけがえのない乗員の命は捨てることがないよう安全方策を取って行っているといい、去る2月に生じた山口県沖でのF-2Bの墜落事故では乗員2名ともにベイルアウトして助かっている。(航空よもやま話・F-2B戦闘機の事故について思うこと

 F-35(全タイプ)にはUS16Eと称するマーチンベーカー製の最新型射出座席が採用されており、勿論ゼロ・ゼロ方式(高度0速度0でも可)であり、サバイバルキットに収納されているラジオビーコン等は着水時自動的に起動するようになっている。 残念乍ら今回事故機はエジェクトした様子は見受けられない様である。(Mk16 Ejection Seat for F-35/Martin Baker

 不具合状況を送信する余裕もエジェクトする時間も無いほどな急激な飛行重大支障がパイロット自身や機体に生じたものだろうが、その原因については墜落機体を回収して究明する以外ないであろう。

 事故現場の海底は1500mほどの深さと報道されていたが、4/24のCNN報道()では米海軍高官の話として機体位置は凡そ掴んでおり深さは当初思われていた1500mでなく450m程のところという。

 事故現場の海底地形は深さ1500m程で単純に広がっているのでなく、隆起して4~500mほどのところもなるほどあるようである。

Pacificbtm

 深度500m程度であれば潜水艦救難艦のDSRVやROVで直接確認することも可能であろうし、機体の引き上げ回収にも技術的問題は無いであろう。

 防衛省はサルベージ船は保有してないだろうから機体引き上げ回収作業は入札選定で民間のサルベージ会社になるのだろうが、最新鋭ステルス戦闘機F-35は機密の塊なのだといい作業船の甲板には怪しげな外国人作業者がウロウロでなければよいのだが。

 「勇猛果敢」(そして支離滅裂と続くという)と称される航空自衛隊であるから、事故に臆して訓練が委縮してしまうことは無いであろうが、事故原因を究明し同様事故は再び生じせしめない対策を確立して速やかに猛訓練を再起し、日の丸F-35戦闘飛行隊の錬成に前進する以外にないであろう。

 いまだ行方不明という事故機編隊長も、隊も家族もこの苦難・苦衷を乗り超えて力強く前進して行ってくれることを望んでいることであろうか。

ギャラリー
  • 姿を見せた北朝鮮SSB(弾道ミサイル搭載潜水艦)
  • 姿を見せた北朝鮮SSB(弾道ミサイル搭載潜水艦)
  • 姿を見せた北朝鮮SSB(弾道ミサイル搭載潜水艦)
  • 姿を見せた北朝鮮SSB(弾道ミサイル搭載潜水艦)
  • River of No Return
  • 空自F-35A墜落・・・その後
  • 空自F-35A墜落・・・その後
  • 空自F-35A墜落・・・その後
  • 桜咲く
最新コメント
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計: