Bandoalphaのらく書き帳

吞み代の溜ってしまった日本を逃れ、今は向こう岸に潜むおっさんのブツブツですぅ。 思い付いた時に思いついた事などのテキト~なメモ書きらく書きですぅ。 Faith Hope & Love All ! ちなみに仙台の東北学院では、Life Light & Loveをモットーとしている。 Toshi Hino/桧野俊弘 ご意見メールは:Bandoalpha@msn.com         

ワクチンの安全性

 2021年も明けたが、COVID-19ウイルスも却って蔓延して来ているようで、「おめでとう」とはなかなか言い難い新年である。

 この感染症の、米国での感染確認第一号患者が当地において確認されたのが、丁度1年前のことになるが、これほどまでに感染症災禍が広がるとは、誰が予想し得たことだろうか。

 行動が制限され、マスクだ手洗いだ消毒だと、鬱陶しいことばかりで気持ちが凹むわけだが、自分自身が感染しないことが第一なので、気を抜かずに感染予防措置を徹底して、今年も暮すようだろうか。

 幸いワクチンの接種も始まっており、今年の秋頃には我々その他大勢の一般米国平民にも、ワクチン接種が行き渡って来るだろうから、光明は差して来ているであろうか。

 新しいワクチンであり、有効性や有効期間の持続性も然りだが、やはり「安全性」というのは気になるところである。

 数万人規模の治験データで、「十分な安全性」というのは勿論確認されてはいる訳だが、実際のワクチン接種でのデータがCDCのサイトで公開されていた

 昨12月14日から25日迄に接種された、Pfizer-BioNTech社のワクチン初回接種1,893,360回において、4,393件のAdverse Events(副反応)の報告があったという。 注射が痛いとか、ちょっと腫れたとか、微熱、かったるいワと言った、まあどうでもよいものはそれとして、生命に危険のある重度のアレルギー症(Anaphylaxis)が21例出ている。

 Anaphylaxis21名のうち4名は入院(うち3名はICU)したというが、いずれも回復或いは退院しており死者は出ていない。

 21例のAnaphylaxis発症のタイミングは、ワクチン接種後2分から150分に亘るが、71%は15分以内に反応が出ており、殆どは何らかのアレルギー歴を持つ方々であった。

 COVID-19ワクチン接種による、Anaphylaxis(生命に危険の生じる重度のアレルギー反応)の発生率は、0.001109%程となる。 100万回のワクチン接種で、11.1件の発生確率となるか。

 例年のインフルエンザのワクチン接種でのAnaphylaxis発生率は、100万回接種で1.3件とかいうから(Dr.Nancy Messonnier CDC)、インフルエンザのワクチン程に「こなれて」はいないにしろ、初めてのワクチンとしては安全性はかなり高いと言えそうである。

 飛行機に乗るのも、自動車を運転するのもそうだが、100%安全と言うことは存在しない。

 医学においても、「現在の医学では残念ながらこうした稀で重篤な副反応を完全にゼロにすることはできません。そして麻疹・風疹混合ワクチンに見られる程度の重篤な副反応が起こるワクチンは、安全性の高いワクチンとみなされるのです。現在全世界で使われている「安全」とみなされているワクチンでさえ、稀ではあるが重篤な副反応が起こる可能性があるのです。」と、榊原洋一お茶の水女子大学名誉教授もおっしゃられている。
 
 まだワクチン接種は始まったばかりであり、今後も注視する必要はあるが、特にアレルギー体質でもない限りは、安心して接種を受けられそうである。

 幸か不幸か、アレルギーというのを俺は経験したことが無いし、死んだ両親もアレルギーというのは無かったし、金も無かった。 「だいたい何を喰っても大丈夫」ということだけが我が家系の取り柄であるからして、ワクチン接種がもう待ち遠しい! 今度こそ、注射は若いブロンド系の女性(ひと)に・・・

年の瀬

 クリスマスが来て今年もあと僅かとなったが、今年は武漢からのウイルスで始まり、ウイルス禍に終わるという、いやはや大変な一年であった。

 陽の長い夏になれば、皆集まっての屋外でのBBQ、クリスマスの季節には賑やかに尽きぬ宴の会食といった、我ら米国下級平民の愉しみも今年は全てお預けとなった。 外出の度に、マスクと消毒液の小瓶を忘れないようにというのにも少々疲れる。

 疫病に対処するには医科学力を以って対応するほか無いわけだが、幸いワクチンも完成を見て、闇夜に光が差してきた感じであるが、以前のような暮らし方に戻るには今暫くかかることであろうか。

 新しい技術を応用したというワクチン開発は、11か月というこれまでのワクチン開発の常識では考えられないスピードで達成されたが、イノベーションというのは固陋な思考の常識ではあり得ない形で、常に出現してくる。素晴らしいことである。

 人事を尽くして天聴を待つ、町内の皆も祈りがあるのであろうか、今年のクリスマスのデコレーションは例年に増して賑やかなような。

PC260002

A06


☆祈☆
 疫病退散
 家内安全
 商売繁盛
 !

おらが町でも

 地元のプロビデンス病院にも初荷として3900回分のCOVID-19ワクチンの配給があったそうで、早速州のワクチン接種計画に則り、先ずは医療関係者への接種が開始されている。

1stshotDrDiaz
Photo:Everett Herald
職員の先陣を切ってワクチン接種を受ける、同病院の感染病科のチーフであるDr.Diaz先生。
1月のCOVID-19感染患者第一号の治療にもあたられた先生という。

 FDAはModerna社のCOVID-19ワクチンについても緊急使用許可を金曜に出している。 これでワクチン供給は2社体制となったわけである。 Moderna社のワクチンは、Pfizer社のものほどな超低温管理でなくてよいというので、ロジステックの現場は少し楽だろうか。

 3番手としては、Johnson&Johnson社のものが、45,000人の協力者を対象とするPhase 3 Trialの最終治験に入ったといい、安全性や確認効果が順調であれば来年2月に緊急使用許可申請の予定と言う。 そのほかにもワクチンを開発している会社はあり、接種が1回で十分効果があるものや、アレルギー体質の者でもより安全なワクチン等、順次良いものが出て来るのであろう。

 日本でも製薬会社が何社かワクチン開発を進めていると聞くが、「接種後12時間以内に熱燗の日本酒を2~3合ほど飲むと極めて予防効果が高くなる!」といった、日本らしい特色のあるワクチンを開発してくれると嬉しいのだが。
ツアーを組むかな、「秋の日本、ワクチン接種と居酒屋三昧の旅。 但し、酒も女も2合迄」

ギャラリー
  • 年の瀬
  • 年の瀬
  • おらが町でも
  • 守勢から攻勢へ
  • 2020年秋
  • 2020年秋
最新コメント
記事検索
タグ絞り込み検索