Bandoalphaのらく書き帳

おっさんのブツブツですぅ。 脱力系あるいはガッカリ系ブログとでも申しましょうか。その時その時の思いついた事の、テキト~なメモ書き、らく書きです。 至らない点につきましては、ご指摘を戴ければ嬉しいです。 ただ、ご指摘を戴いても、進歩・学習する能力がねえ~  Toshi Hino/桧野俊弘 Bandoalpha@msn.com

国籍の取得ということ

日本では、日本以外の国籍である「外国人」が日本国籍を取得する「帰化」の場合には、「帰化許可申請」に必要とされる書類を揃えて法務局に申請し、問題が無ければ晴れて「日本人」となれるようである。(法務省:国籍Q&A

5年以上日本に住んでいること等帰化申請の要件はあるが、手続きは書類審査のみである。

日本に帰化する外国人というのは年間1万人弱のようで、内訳は中国、韓国、朝鮮人で8割強を占めており、帰化日本人というのは特定の国家に偏っている。(帰化許可申請者数,帰化許可者数及び帰化不許可者数の推移【PDF】 )

米国の場合、米国以外の国籍の人間が米国籍を取得し米国市民になるには、「試験及び面接」があり、これをパスして米国人になるにあったっては、「宣誓(Natsuralization Oath)」を必要とされる。

米国籍申請の要件は、米国永住5年以上、米国人の配偶者の場合は永住3年以上等と日本とさして変わらない。

「試験及び面接」の内容なのだが、英単語の筆記と英単語の読みのテストと米国の歴史、政治といった所謂一般常識の質問からなっている。

英単語の筆記や読み方(English Test)はいずれも簡単な単語ばかりであるから、「最低限の英語理解力」を要求しているものであろう。

一般常識問題(Civic Test)は、質問される10問中6問正解であればパスとなっているのだが、質問の百例が出ているので見てみると意外と難しい質問もあるようだ。(Civics (History and Government) Questions for the Naturalization Test pdf)
例えば、

What does the Constitution do?

The idea of self-government is in the first three words of the Constitution.  What are these words? 

What do we call the first ten amendments to the Constitution?

How many amendments does the Constitution have?

How many U.S. Senators are there?

We elect a U.S. Senator for how many years?

Who is one of your state’s U.S. Senators now?

The House of Representatives has how many voting members?

How many justices are on the Supreme Court?

Who is the Chief Justice of the United States now?

Who wrote the Declaration of Independence?

When was the Constitution written?

What territory did the United States buy from France in 1803?

Who was President during World War I?

Name one of the two longest rivers in the United States.

などなど、これはチョット勉強しないと一般にはパスしそうにないかな。

米国人になれば選挙権や被選挙権、陪審員等、米国市民としての権利や義務が発生するので、政治制度や法制度等の基礎的な知識が要求されるのは当然なわけだが、内容的には義務教育である高校卒業程度の一般常識というところであろうか。

米国籍を取得すれば宣誓にもあるように、国家有事の場合には米国民として敵と戦う意思が要求されるわけだが、究極の場合にはその「敵」は、自分の生まれた国であることもあり得よう。

「日本と戦争になった場合、アメリカ人として戦いますか?」と面接で実際聞かれたりもするようである。(米国籍取得者ブログーHi from OHIO

米国の場合、二重国籍保持が可ではあるが、国の方針として二重国籍を支持はしていない。

米国政府は二重国籍の存在を認め、アメリカ人が他の国籍を持つ事を認めてはいますが、その事が原因となって問題が生じることがあるので、方針としては二重国籍を支持していません。二重国籍を持つアメリカ人に対してアメリカ国民としての義務を要求する場合に、それがもう一方の国の法律に反するような状況に陥ることもあるからです。

さらに、二重国籍者が海外に在留する場合、米国政府が当該者に対して自国民保護を行うのに支障がでる場合があります。通常、二重国籍者が国籍を持つ一方の国に居る時には、その国の要求が優先します。二重国籍を認めていない国が多い為、二重国籍者が国籍を持つもう一方の国で困難に遭遇した場合、米国政府が自国民として援護出来る範囲は極力狭まります。
東京の米国大使館:アメリカ市民サービスより。

日本は少子化社会で人口減少の時代に入っているといい、労働力となる移民の導入など”国際化”が叫ばれたり、国籍についても重国籍を認めようとの運動もあるようだが、現行のままで重国籍保持など認めた場合には、特定の国家の二重国籍者がドッと急増したりして、チョット大変な事態になりかねないだろうか。

何でもぐちゃぐちゃ混ざれば「国際化」というものではないし、国籍というものの認識が無ければ国際化ということもあり得ない。

現在の日本の帰化申請・許可のお寒い状況を眺めると、重国籍の容認などはとても出来ることではなさそうである。

二重国籍ー結論

renhohp
参議院議員、2016民進党代表候補 蓮舫先生のホームページには国籍問題のコの字も無いのだが。

「台湾・中華民国籍」と「日本国籍」との二重国籍疑惑のあった蓮舫先生は、9月6日になって東京の台北駐日経済文化代表処に台湾・中華民国籍の放棄手続きを提出したのだという。

31年前、17歳で未成年だったので、父と東京で台湾籍の放棄手続きをした。ただ、私は(当局とのやりとりに使った)台湾語が分からない。私は台湾籍放棄の手続きをしたと『父を信じて』今に至る
との仰天発言だが、その父君も今は故人であるから、どんな手続きをしたのか?は闇の中。「父が、父があ~」ということになるか。

台湾に確認を求めているが、いまなお、確認が取れない。31年前のことなので少し時間がかかる
と現状確認中と言いながらも、台湾・中華民国籍放棄の手続きを6日に行うというのも面白い。

31年前という”父がした手続き”がどうだったかはジックリ調べればよいとして、問題にされているのは現在の台湾籍の有無である。
台湾・中華民国には戸籍制度があるというから、台湾籍を抜いているのであれば戸籍上も抹消記録となっているだろうから、戸籍謄本を取得すれば一目瞭然のはずだが?
若し子等の記載があるのであれば、これは本人の問題であるからその部分は黒塗りでもすればよい話。

口先での稼業の長い人なので色々と言い訳も上手なのだが、蓮舫先生は、ご自身が二重国籍者であることを知っていたといわざるを得まい。

今までのキッパリ発言は一体なんだったのか?となるが、「バレたら直しゃいいぢゃねえか」というのも一つの選択肢なのだろうが、偉そうな政治家先生の資質が一皮剝けばこの程度というのは何だか情けないねえ~

◆◆◆引用;朝日新聞ネット・・・朝日でもやっと報道されたようだ。

蓮舫氏、台湾籍放棄手続き 二重国籍の指摘受け

2016年9月6日22時28分

 民進党代表選(15日投開票)に立候補している蓮舫代表代行(48)は6日、台湾籍を放棄する書類を、東京都内にある台北駐日経済文化代表処に提出した。高松市内での代表選候補者の共同記者会見で「台湾籍を放棄する手続きをとった」と明らかにした。

 蓮舫氏は日本国籍を取得しているが、父(故人)が台湾出身で、台湾との「二重国籍」の可能性が一部報道で指摘されていた。

 蓮舫氏は会見で、17歳だった1985年、「父と一緒に東京にある台湾の代表処に行って、台湾籍放棄の手続きをしている」と説明した。

 ただ、「(代表処での)やりとりが台湾語だったので、どういう作業が行われていたかわからなかった。私は台湾籍の放棄をしたと思っている。父を信じて今に至っている」とも述べた。

 蓮舫氏は続けて「台湾に確認を求めているが、まだ確認が取れていない。少し時間がかかるかもしれない。(このため)台湾の代表処に対して台湾籍を放棄する書類を提出した」と明らかにした。

 蓮舫氏は3日の読売テレビの番組でも二重国籍の可能性を指摘され、「(台湾)籍を抜いています。高校3年の18歳で日本人を選びましたので」と語っていた。

 台湾の法律では、親が台湾籍を喪失すれば、未成年者も台湾籍を喪失できる。東京の代表処でも届け出を受け付けることができ、台湾内政部に許可を求める。ただ、蓮舫氏が説明した台湾籍喪失の手続きの時点で、父も手続きをしていたかどうかは明らかになっていない。

http://digital.asahi.com/articles/ASJ965PXHJ96UTFK00Y.html?_requesturl=articles%2FASJ965PXHJ96UTFK00Y.html&rm=242
◆◆◆

◆◆◆引用;産経ニュース

「二重国籍」疑惑の蓮舫氏 ぶれる発言、首相狙う資格にも疑問符

民進党の蓮舫代表代行が6日、台湾籍を除籍した時期を「確認が取れない」として除籍手続きを取った。蓮舫氏は「二重国籍」の状態のまま、首相の座を狙う党代表選(15日投開票)を戦っていた可能性もあり、首相の資質の根源に関わる国籍に無頓着だったのは致命的といえる。また、蓮舫氏は旧民主党政権時代、国家公務員を指揮する閣僚を務めており、過去の職責の正当性も問われそうだ。

 「31年前、17歳で未成年だったので、父と東京で台湾籍の放棄手続きをした。ただ、私は(当局とのやりとりに使った)台湾語が分からない。私は台湾籍放棄の手続きをしたと『父を信じて』今に至る」

 蓮舫氏は6日、高松市で行った記者会見で、自身の疑惑についてこう釈明した。台湾籍を「放棄した」との認識は、当局とどのような会話を交わしたか分からない父の記憶に頼っていたことを明らかにした。

 最近の発言もぶれている。蓮舫氏は3日の読売テレビ番組で、台湾籍を「抜いている」と断言し、時期については「18歳で日本人を選んだ」と語っていた。

 しかし、6日の会見では「17歳」と修正し、「台湾に確認を求めているが、いまなお、確認が取れない。31年前のことなので少し時間がかかる」と発言が後退した。蓮舫氏をめぐる疑惑は8月以降指摘されていたが、6日になってようやく台湾籍の除籍手続きを行った理由も要領を得ない。

http://www.sankei.com/politics/news/160906/plt1609060043-n1.html
◆◆◆

NHKニュースのところに6日の記者会見の模様がちょっと出ていたが、蓮舫本人の言っていることは珍珍怪怪。
高そうな服着て見かけは多少良いのかも知れないが、こんなバアサンに日本も舐められたものである。

renho
だから自分の国籍は台湾なんですが
1997年のCREAという雑誌記事だという。
https://twitter.com/fuwari_kitten/status/773121047725940736

なんなんだよこのバアサン。

二重国籍ー3

蓮舫議員の二重国籍問題について、いわば”火付け役”となったインタビュー記事をものにした産経新聞は、続いてより詳細な記事を書いており、内容はなかなか興味深い。

◆◆◆引用;産経ニュース

【民進党代表選】蓮舫氏の“国籍問題”で新たな問題か?日本の政治家として資質に疑問

民進党代表選(15日投開票)で深刻な問題が浮上している。出馬した蓮舫代表代行に、日本国籍と台湾籍とのいわゆる「二重国籍」でないかとの指摘があり、その疑問が完全に解消されないのだ。蓮舫氏は「台湾籍は抜いた」と説明しているが、その時期は不明確。首相を目指す政治家にとって、国籍は単なる個人の問題でなく、国家公務員を指揮する立場として資質の根幹に関わるだけに、明確な説明責任が求められる。

 蓮舫氏は3日の読売テレビ番組で、「生まれたときから日本人」「高校3年、18歳で日本人を選んだ」などと説明。ただ、台湾からの除籍時期は言及しなかった。1日の産経新聞のインタビューでは「『帰化』ではなく、日本国籍の取得だ」とも述べている。

 蓮舫氏は父親が台湾出身で母親は日本人。昭和47年の日中国交正常化により、日本政府は台湾当局が名乗る「中華民国政府」を承認していないため、台湾籍の保持者は便宜上「中国籍」として扱われる。

 日本は59年に国籍法を改正する前は、父親が日本人でなければ、子供は自動的には日本国籍を取得できなかった。蓮舫氏は、改正前の42年生まれのため、自動的に日本国籍保持者とはならず、「中国籍」扱いの台湾籍保持者だったとみられる。

 一方、公職選挙法では、国会議員に立候補する条件を「日本国民であること」と定義。選挙管理委員会へ届け出る際には戸籍抄本または謄本を提出する必要があるため、国会議員である蓮舫氏が日本人であることは疑いの余地がない。

 問題は蓮舫氏が、台湾籍を放棄した時期だ。蓮舫氏が18歳で「日本人を選んだ」のであれば、当時の日本国籍取得の方法は帰化と届け出の2種類ある。帰化なら国籍法で元の国籍を「失うべきこと」と規定しており、申請には台湾籍の喪失届を出す必要がある。

 届け出で未成年の場合は、22歳の前日までに日本国籍か外国籍かを選び、日本を選んだ際には、国籍法16条により外国籍を離脱しなければならないとされる。いずれの場合も、日本政府は必要な書類を「個別の事情で判断」(法務省民事1課)するという。このため、元の国籍を放棄していないまま日本国籍を取得するケースがあるという。

 一方、台湾の「国籍法」11条は、自己の意思により「国籍」を喪失できる条件を「満20歳」と規定しており、「未成年者」が「国籍」を喪失するのは、保護者である父親が「国籍」を喪失した場合などに限られる。つまり、蓮舫氏は18歳で日本国籍を取得した時点では、台湾籍を残したままだった可能性がある。

 蓮舫氏の事務所は5日夜、台湾籍を抜いた時期について、産経新聞の取材に「現在確認中」と答えた。

 蓮舫氏は「ガラスの天井を破る」として、女性初の首相を目指している。「国籍単一」の原則を持つ国のトップとして、外国籍を持つか否かは根源的な資質の問題だ。

http://www.sankei.com/politics/news/160905/plt1609050034-n1.html
◆◆◆

昭和57年(1982年)の国籍法改正以前では、父親が日本国籍であった場合のみ子は自動的に日本国籍を取得だったというから、1967年生まれという蓮舫議員がTV番組で答えていた「私は生まれたときから日本人です」ということは有得ないこととなる。

日本政府は台湾の「中華民国」というのは国家として認めていないので、台湾人の場合は便宜上「中国籍」扱いになるというのも面白い。
台湾人のパスポートは「中華民国」となっており、支那大陸のほうは「中華人民共和国」パスポートであるが、入管も「中華民国」という字は見ないことにしているのだろう。

産経は台湾サイドの国籍喪失手続きについても取材しているのはさすがである。

台湾「中華民国」の国籍喪失は本人が満20歳以上が原則というから、蓮舫議員は(台湾)籍抜いてますとは、いったい何時て”中国”を抜いたのだろうか?

蓮舫議員の事務所は産経新聞の取材に対し、「現在確認中」とのことだそうだから回答を待つほかないようだ。

議員事務所等への問い合わせというのも、俺のような一民草では相手にもされないので、やはり全国紙などの大手新聞記者の腕のみせどころであろう。

真実は何なのか?興味深くなってきたが、現在のところ蓮舫議員の言っていることは辻褄が合わず、「胡散臭い」と言わざるを得ない。

国家の将来を論じる政治家で国会議員なのであるから、国籍や法令順守ということが重要なことは言うまでもないが、蓮舫議員はご自身の問題であるのだから、しっかり仕分けして、明確な証拠を国民に早く開示せねばなるまい。


ギャラリー
  • 二重国籍ー結論
  • 二重国籍ー結論
  • 2016年夏いま盛り
  • 2016年夏いま盛り
  • 787-9
  • アズナヴール
  • 使途不明金
  • Nancy Reagan
  • Nancy Reagan
最新コメント
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計: