Bandoalphaのらく書き帳

おっさんのブツブツですぅ。 思い付いた時に思いついた事などのテキト~なメモ書きです。 Toshi Hino/桧野俊弘 Bandoalpha@msn.com                                                    

武漢冠状病毒日本出現

 なにか唐突という感じだが、神奈川で80代のお婆さんが武漢新型肺炎により死亡したというニュースである。 該感染症による日本での死者の第一号が発生したことになる。

 東京ではタクシー運転手が感染していたと言い(亡くなった婆さんの義理の息子?だとか)、和歌山では医師が感染したのが確認されたという。 また和歌山の農業の方の感染が確認されたという。

 いずれも中国との直接の接点はないのだと言い、日本国内での人→人感染の疑いが強いのであろう。

 日本の中国からの入国制限措置は湖北省に限ってのものだったといい、新型感染症が武漢を中心とする湖北省内に封印されているというのであれば兎も角として、中国全土に感染が広まってしまっていたのであるから、防疫対策として中途半端であり理解しがたい措置である。

 米豪等諸国の中国本土からの入国者拒否に対して中国は強く反発していたという。

 日本は来る4月に習近平主席を国賓として招待する予定だったと言い、経済面では中国は日本にとって最大の貿易相手国でもある。 米国との関係が悪化していた中国が日本に接近し、軟化して改善しつつあるように見えていた日中外交関係や、経済面への悪影響を思慮した政治的判断での入国制限措置であったろうか。 有り体に言えば中国の顔色を窺うばかりに、感染症予防の防疫策としては有効性の欠けた、言わば流れて来る汚染水をザルで受け止めようとしたようなものか。

 中国からの訪日者数は年間959万(2019年)とダントツであり、2019年12月にも71万ほどの中国人が日本の各地を訪れていた筈といい、早い段階から武漢の新型感染症が日本国内に入っていた可能性も否定はできないが、為すべきこと出来ることの全ての努力を行ってはいなかった、という憾みは残ることだろうか。

 経済というのは後から復興が可能だし、外交と言うのも修交が可能であるが、犠牲になった国民の命というのは元へは戻すことは出来ない。 国民の行政府への信用が失われてしまうと、信頼回復には長い時間を要することになる。 人間社会において信用というのは一番大切なものであろうが、信用というものは築城10年落城一日のものである。

 今後かなりの勢いで日本国内で感染者が増えていく怖れがある。 本場中国の状況からして国賓習近平の訪日もこの春というのは些か無理なことだろうし、日本国内の感染者の状況如何では各国が日本への渡航制限を設けることが考えられ、根も葉もないネット上の流言飛語であった東京オリンピックの中止、延期ということが現実問題になることも考えられようか。

武漢新型冠状病毒ーマスク?

 Youtubeで日本のニュース・ショー番組を見てたら、マスクが売り切れ続出、ネットオークションでは20倍?の高値が付いてるとか。

 そういえば冬場に風邪や今年のナントカ型のインフルエンザが流行る時には、「外出時には先ずマスク」というのが日本では常識だったろか。

 米国CDCでは、毎年のインフルエンザ流行の時でも今回の武漢新型肺炎(2019-nCoV)の非常事態にあたっても、マスクの着用というのは国民に推奨していない。

 マスクは感染症に罹患した人が他の人に感染させるのを防ぐために使用するものという。
医療関係者など感染者を看護する人ならば必須としても、「一般国民で健康であればマスクの着用は推奨しない」としている。 感染症予防にはマスクではなく、「手洗いの励行」としている。

☆☆☆CDCの「Prevention $ Treatment」の項より抜粋。
  • Follow CDC’s recommendations for using facemask.
    • CDC does not recommend that people who are well wear facemask to protect themselves from respiratory viruses, including 2019-nCoV.
    • Facemask should be used by people who show symptoms of 2019 novel coronavirus, in order to protect others from the risk of getting infected. The use of facemasks is also crucial for health workers and people who are taking care of someone in close settings (at home or in a health care facility).
  • Wash your hands often with soap and water for at least 20 seconds, especially after going to the bathroom; before eating; and after blowing your nose, coughing, or sneezing.
    • If soap and water are not readily available, use an alcohol-based hand sanitizer with at least 60% alcohol. Always wash hands with soap and water if hands are visibly dirty.
☆☆☆

 中国北京ではマスク無しだと外出禁止だとか? 日本でもマスクを外したら途端に感染、もう即死ちゃう~という感じだがw 地球の反対側にあるからというワケでもあるまいが、マスクについて東西真逆なのが興味深い。

 先週シアトルに出かけた時に街中を歩いたが、マスクをしてる人はひとりも見かけなかった。 オレの周りにもマスクをしてる者はいない。 満員電車とかバス等がないから、生活環境の違いはあるだろうか? 郷に入れば郷に従えではないが、オレもマスクは使用していない。 オレがマスクをかけると風体や挙動からしてコンビニ強盗と間違えられて射殺される恐れがある。

 日本のマスク着用とゆうのも確たる予防効果があるからというものでは無いような。
NHK 新型ウイルス マスクの予防効果ある?ない?

 マスクしてれば冬場の冷たい風が直入せずあったかいであろうし、気分的に「ガードしてまつ」って気になるだろし。 なにより「皆んながしてるんだからしなきゃ!」と社会的一体性の同調行動を求められるかな?

 背に腹は代えられず、ネットオークションで高値で落札しやっと入手したマスクをよく見たら、「MADE IN CHINA」「2019年12月湖北省武漢公司謹製 多謝購買」だったら泣きだろか。

武漢新型肺炎

 2019-nCoVの米国での感染者第一号となった当地の中国人永住権者はProvidence(Everettの総合病院)を先日退院したという。

 35歳という該感染者の治療にはエボラ熱用に開発された試薬も今回投与されたというが、持病などもなく、幼老で体が弱いとかでなければ、適切なタイミングで治療をうけられれば回復するものなのであろう。

 退院した感染一号氏は病院関係者に謝意を表するとともに自分のプライバシーを尊重してほしいとのことで取材などには応ぜず、自宅静養後は元の静かな普通の生活に戻りたいということなのであろう。 オレならば、早速両手にVサインなど作って登場し、「なるべく若く撮ってくれよ」と注文を付けて謝礼目当てにマスコミ各社のインタビューに応じ、「死を覚悟しました。 幸い医療ロボットさんが親身に24時間看護してくださり命救われました。退院した今も医療ロボットさんとはお付き合いをしています。将来?お互い結婚するつもりでいます。ハネムーンはもちろん中国湖北省武漢です。」くらいの放言はするのだが。

 本場中国では公表死者数が800人を超えたという。 なかなか早いペースであり、今や千人という数字も視野に入る状況になっている。 ワクチンも未だなく効果的な治療法も不明な新型の感染症ではあるが、現代の医学は進歩してるので患者の容態に合わせて様々な対症療法を施すことが可能であり治癒の可能性は高い。

 武漢新型肺炎の一番の問題は「感染者数」なのであろう。

 感染要治療者は倍々ゲームで増えても医師はじめ医療関係者は即座に倍々と増やすことは不可能である。 ひと月に数万名という感染者が出来したのでは夫々に満足な医療を施せないばかりか、限られたリソースを新型感染症に傾注すれば、従来の一般病患者へのケアに不都合が生じることになる。 中国は新たに病院を急設したり医療関係者を集中投入したりと新型感染症封殺に全力は尽くしているのだろうが、後手に回って仕舞っている観は拭えない。 武漢新型肺炎による直接の犠牲者ばかりでなく、一般病患者へも間接的な犠牲者が少なからず生じていることは想像に難くない。 犠牲者の過半は、適切な治療が行われていれば救えた命であろうか。

 米政府はあらゆる支援を惜しまないと表明しているし、日本や他の国も同様であろう。 米欧はアフリカでのエボラ熱発生の時に医療団やETU(エボラ感染症用野外型隔離病棟)を緊急展開した実績も有している。 中国政府は大国としての面子や政治的思慮などあるようだが、今直面している問題のプライオリティは新型感染症の封殺・撲滅である。 優先すべきことはこれ以上人民に犠牲を出さないことである。 中国政府はこれ以上タイミングを逸することなく必要な援助は外国に乞うべきであろう。

 中国は世界第二の経済大国でありマネーはあるのだろうから、有償援助で器材購入や外国医療関係者の臨時雇用のかたちにすれば、支那伝来の面子の問題も解決するのではあるまいか。

 習政権や共産党への求心力、経済、外交政策上の思慮など目先の小利に拘泥して判断を曲げれば、先々高い代償を払うことになってしまうであろう。
ギャラリー
  • 武漢新型肺炎ー Public Health Emergency in US
  • 武漢新型肺炎
  • 武漢新型肺炎
  • 武漢新型肺炎
  • 武漢新型肺炎
  • 寒波襲来
  • 寒波襲来
  • クリスマス 2019
  • クリスマス 2019
最新コメント
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計: