Bandoalphaのらく書き帳

おっさんのブツブツですぅ。 脱力系あるいはガッカリ系ブログとでも申しましょうか。その時その時の思いついた事の、テキト~なメモ書き、らく書きです。 至らない点につきましては、ご指摘を戴ければ嬉しいです。 ただ、ご指摘を戴いても、進歩・学習する能力がねえ~  Toshi Hino/桧野俊弘 Bandoalpha@msn.com

金正男暗殺

故金正日の長男で金正恩とは異母兄弟の金正男が暗殺されたとのニュース。(産経その他)

クアラルンプール国際空港でマカオに行こうとしていた金正男氏を、北朝鮮は白昼堂々毒殺したという。

己の独裁権力維持に少しでも危険な者は例え兄弟であっても「殺ってしまう」というのは、なかなか惨忍であるが、非情・残酷さというのが独裁者にとって不可欠のものであれば、金正恩というのは極めて恵まれた適性を有する人物と言えようか。

金正男氏は祖国北朝鮮には戻れぬ立場だったようで、北京やマカオ、シンガポール、マレイシアなど東アジア域を放浪する身で日本にも何度か入っていたようであり、入管で捕まったりもしていたことがあった。

本名というわけにもいかぬようで偽造パスポートを常用していたようだが、精巧な外国紙幣を偽造する北朝鮮であるからパスポートの偽造くらいは朝飯前なのであろう。

「殺る」にあたっては、中国領でやったのでは些か具合が悪かろう。 
マレイシアは北朝鮮と国交があるから工作活動の基盤が出来ており他のところに比べて警察・公安も些か緩かろうから、チャンス到来というところだったろうか。

北朝鮮というのは徹底した監視・管理国家であり、複数の独立した組織による思想監視の網が縦横に張り巡らされており、人民同士も互いに監視し合うように仕向けられている。 少しでも絶対権力に反抗的な”反革命的”兆候が見られれば、そのような人物は再教育施設に送るなり処刑なりで、その体制は金正恩絶対権力者のもと極めて強固なものであるが、人民の心底からの合意で出来たものでなく所詮は人為的に力で抑え作られたものであるから、何かでタガが一か所外れれば一気に瓦解崩壊してしまう脆弱さと表裏一体のものであろう。

石油のような重要なエネルギー資源が産出するわけでも無いし、世界貿易ルート上に位置するわけでもない僻地国家なので、北朝鮮がどうなろうと好きにすれば良いようなものだが、何か生じた場合には2千5百万人民が難民化し、直ちに人道的支援が特に周辺諸国には要請されることと、その保有する核兵器がどうなるか?だろうか。

己の権力維持の為なら何でもやるという姿勢で、安易に核兵器が使われるようなことが生じたりしたら、周辺国は堪るまい。

北朝鮮というのは、東アジアの安全保障上大きな不安定要素である。




都ぞ彌生

宮〇課長は北大だったろうか。

部課は違うのだが、何故か「お~いヒノ君」と声掛けられて〇崎さんと飲んだ事があった。

陸軍少尉だったと言うから、幹候で”鬼の関東軍”であったろうか。
匍匐で忍び寄り軍刀一閃、露助の歩哨を斃したのだと言う。

そんな血生臭い話を聞きながら、コップの酒に昭和の宵は更けてゆくのであった。

都ぞ彌生

吾等が三年を契る絢爛のその饗宴はげに過ぎ易し。

然れども見ずや窮北に瞬く星斗永久に曇りなく、雲とまごう万朶の櫻花久遠に萎えざるを。

寮友よ徒に明日の運命を歎かんよりは楡林に篝火を焚きて、去りては再び帰らざる若き日の感激を謳歌わん。

明治四十五年度寮歌~横山芳介君作歌、赤木顕次君作曲、都ぞ彌生 EinsZweiDrei



日本語のなんと美しき。矜持高き日本人が闊歩していた遠い夢の時代。


HokudaidanchoA
写真:北海道大学   北海道大學応援團長の雄姿!

北大と言えば、前身である札幌農学校で教鞭を取っていたクラーク博士が、離任のさい見送りの農学校生に送った「青年よ・・・」の言葉が何と言っても有名であろう。

時に明治十年卯月十六日、島松駅逓所頭に別離の時は来ぬ。
馬上のクラーク博士は、袴姿の見送りの農学校生たちを一瞬振り返ると、右手を高く挙げてその言葉を放ったのである。

ボーイズ・ビー・アンダーシャツ!

札幌はしばれるからねえ~

となると、今日の昼はサッポロみそラーメン。いやクラーク博士はカレーを広めたとの話もあるから、ジャガイモをたっぷり入れたカレーラーメン・・・

The Executive Order

「Iraq, Syria, Sudan, Iran, Somalia, Libya, and Yemen」 といった国で流石に「Japan」はないな。

Action

For the next 90 days, nearly all travelers, except U.S. citizens, traveling on passports from Iraq, Syria, Sudan, Iran, Somalia, Libya, and Yemen will be temporarily suspended from entry to the United States.
The 90 day period will allow for proper review and establishment of standards to prevent terrorist or criminal infiltration by foreign nationals.


Importantly, however, Lawful Permanent Residents of the United States traveling on a valid I-551 will be allowed to board U.S. bound aircraft and will be assessed for exceptions at arrival ports of entry, as appropriate.  The entry of these individuals, subject to national security checks, is in the national interest. Therefore, we expect swift entry for these individuals.


In the first 30 days, DHS will perform a global country-by-country review of the information each country provides when their citizens apply for a U.S. visa or immigration benefit. Countries will then have 60 days to comply with any requests from the U.S. government to update or improve the quality of the information they provide.

DHS and the Department of State have the authority, on a case-by-case basis, to issue visas or allow the entry of nationals of these countries into the United States when it serves the national interest.  These seven countries were designated by Congress and the Obama Administration as posing a significant enough security risk to warrant additional scrutiny in the visa waiver context.


The Refugee Admissions Program will be temporarily suspended for the next 120 days while DHS and interagency partners review screening procedures to ensure refugees admitted in the future do not pose a security risk to citizens of the United States.


The Executive Order does not prohibit entry of, or visa issuance to, travelers with diplomatic visas, North Atlantic Treaty Organization visas, C-2 visas for travel to the United Nations, and G-1, G-2, G-3, and G-4 visas.


The Department of Homeland Security along with the Department of State, the Office of the Director of National Intelligence, and the Federal Bureau of Investigation will develop uniform screening standards for all immigration programs government-wide.


Upon resumption of the U.S. Refugee Admissions Program, refugee admissions to the United States will not exceed 50,000 for fiscal year 2017.


The Secretary of Homeland Security will expedite the completion and implementation of a biometric entry-exit tracking system of all travelers into the United States.

Department of Homeland Security

ギャラリー
  • 都ぞ彌生
  • 都ぞ彌生
  • 2017年始動
  • 2017年始動
  • 2017年始動
  • Merry Christmas
  • Merry Christmas
  • オスプレイの事故
  • オスプレイの事故
最新コメント
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計: