Bandoalphaのらく書き帳

 おっさんのブツブツですぅ。 脱力系あるいはガッカリ系ブログとでも申しましょうか、その時その時の思いついた事の、テキト~なメモ書き、らく書きですぅ。 至らない点につきましては、ご指摘を戴ければ嬉しいです。 ただ、ご指摘を戴いても、進歩・学習する能力がねえ~    Toshi Hino/桧野俊弘 Bandoalpha@msn.com                                                    

"LOOK MA, NO HOOK"

 こんなことをしたというのは話には聞いたことがあったが、動画でみると何とゆうかJust amazed。

 空母のCOD輸送機は今は「C-2A Greyhound」だろうが、この実験が行われた60年代は「C-1 Trader」であり、これは「S-2F Tracker」がベースの機体であるから小型であり些か貧弱なペイロードであったろうか。

 「もっと大っきいのを」という要望があり、「C-130は使えんかな?あれならエンジンでも何でも運べるやろ」「性能表では離発艦が可能になるな。やってみるか・・・」となったようである。

 海軍はC-130を持っていないので機体は海兵隊VR-1飛行隊のKC-130F(BuNo,149798)を借り受け、両翼下の給油システムポッドは取り外し、降着装置には改修型のMk.2 Anti-Skid Braking Systemを導入し、ノーズギア・オレオ緩衝装置のorifice(オリフィス)を小さなものにして着艦の衝撃に適応させている。

 着艦フックの装着も考えられたそうだが機体構造上それは無理なので、行われたのはマイナーな改修のみであり機体はC-130輸送機そのままである。

 テスト機操縦者は正副とも着艦経験豊富な海軍の飛行士であり、ロッキード社にてC-130の資格認定を受けたようだが両名とも4発機の操縦は初めてだったと言う。 C-130の経験豊かな海兵隊パイロットらに着艦訓練を行って・・・という選択も有り得たろうが、空母着艦の何たるかを考えれば自ずと選択は決まったことであろう。

 1963年10月30日から11月にかけて、ボストン沖500浬の北大西洋上の空母フォレスタル(USS Forrestal CV-59)でC-130の発着艦テストは行われている。
 
 生憎当日の海上は白ウサギが沢山飛び跳ねている状態で些か荒れていたのだが、実機運用試験には却ってもってこいの海象状況とも言えようが。

 合計タッチ&ゴー29回。 着艦21回そして発艦21回を見事に実施している。

 

☆テスト機の乗員☆
 Pilot: Lt. James H Flatley III
 Co-Pilot: Lt.Cmdr. W.W. Stovall
 Flight-engineer: ADR1 Ed.F. Brenann
 Lockheed test pilot: Ted H Limmer Jr.

 合成風速は40~50kns程といい、機体重量85,000lbsで267ftで着艦機体停止したという。機体重量121,000lbsでも着艦に460ft、発艦に734ftであったという。 着艦は長さ650ftというアングルド・デッキを使用しても可という数字であり、全般に性能には余裕がみられたという。

 陸上大型機であり、気になる艦橋とのクリアランスであるが、翼端より15ft ! というから余裕だね。
 
 さすがに実運用はリスクが高すぎるとして「C-130 Super-COD」の実用化は見送られたそうである。

KC130CV59
US NAVY Photo

 これまで空母で発着艦した航空機ではC-130が最大の機体になる。 初飛行は1954年という旧い輸送機だが改良をされつつ現在でもJ型の生産が続いている。 様々な特殊用途にも使用されているが、考えられないような無理な運用をすることが有り得る戦術輸送機であるから、全般に余裕のある設計であり冗長性を持った機体なのであろう、C-130は戦術輸送機の傑作機である。 せっかちで思考がやや短絡的なところもあり余裕を無駄と捉えることの多い日本人にはなかなか出来難い機体だろうか。

参考

KC-130 Suitability trials (pdf)

The Aviationist The Story of the C-130 Hercules that landed on USS Forrestal


雪だ

 今年は暖冬でいたのだが、ここに来ていきなり大雪。

 昨夜のうちに6-7インチほど積っている。

 先日は米中央部辺りに北極寒波襲来で記録的な低温だったそうだが、そこまででないが、数週間ほど毎晩氷点下の日が続くようである。 2月に入ってから本格的冬の到来か。

DSCN3872

 こうなるとワインというワケにいくまい、ここ暫らく晩酌はホットウィスキーか・・・

瀬取り・・・何を受け取ったか

 「北朝鮮遭難船舶の人道主義的な救助作戦を行っていた。」ものと韓国政府はしているのだが、北朝鮮遭難船員の救助を行っていたと言うことが客観的に確認が出来ない。

 遭難した北朝鮮漁民3人と1人の遺体を、22日午前11時頃に板門店で北朝鮮側に引き渡した(中央日報12月22日)との一片の報道があるだけで、遭難漁船員やその後の遭難漁船はニュース写真一枚すら見当たらない。

 漁船の大きさに比し乗組み員が4人だったというのは少なすぎようし、衰弱した遭難漁民にしては20日午後3時過ぎの洋上救出で北朝鮮への帰還が22日午前というのも早過ぎよう。

 遭難した北朝鮮漁船というものも映像で見る限り長期間冬の日本海を漂流していた痕跡は覗えず、損傷のみられない健全な船体である。

 当該遭難漁船救助のため海軍の駆逐艦(DD971 広開土大王)を現場に派遣したとの韓国報道(朝鮮日報2018/12/22)なのだが、救助作業を実際に行っていたのは韓国コーストガード(韓国海洋警察庁)の巡視船(5001 参峰)であった。

 DD971は周辺を微速航行して警戒や護衛に当たっていたものと考えられるが、遭難北朝鮮漁船の単なる救助活動にしては不自然である。 巡視船(5001 参峰)には無い優れた対空対潜警戒能力を備えた駆逐艦(DD971 広開土大王)を派遣する理由があったのであろう。

 最近の軍用航空機には、敵の射撃用レーダー波や発射ミサイルを感知し警報を発するRWRやMWSとともに集積されたデータベースと照合して脅威が何であるかを具体的に判別し、チャフやフレアーを最適のタイミングで放出し、最適の回避動作をパイロットに知らせるシステム化された自動・半自動の自己防御装置が装備されている。 機密度が高い装備品であり米国も売却してくれないので、日本も国産開発を進めて来ている。 P-1哨戒機には三菱電機製のHLQ-4と称するものが搭載されているようである。 詳細情報は開示されるものでは無いが、「HLQ-4はレーダードームの左右横と機体後部左右に装備されたミサイル警報装置(MWS)やレーダー警報受信機(RWR)のセンサー情報を総合して脅威判定を行い防御手段および回避手段の提示等を自動的に行うものである。」(日本語Wiki)と説明されている。

 HLQ-4が、火星からの電波をひろって誤作動した可能性も理論的には有り得ようが、電波の受信解析でありあまり誤作動を生じるようなものでもない。

 韓国政府の、その場しのぎの脈絡のな無い釈明や問題そらしに躍起な姿勢というのも自ら傷を広げ信用を損なうだけだろうに、不可解である、

 今回の韓国海軍駆逐艦によるP-1へのFCレーダー照射の件は不自然な事ばかりであり、あってはならない見られてはいけない韓国政府による洋上での北朝鮮船への物品受け渡しのいわゆる「瀬取り」行為を隠蔽糊塗する目的であったことがどうしても疑われる。 
 
 北朝鮮船舶の「瀬取り」については先日も事案が現認(1月18日上海沖での北朝鮮タンカーの瀬取り:外務省ー事案の概要)されていたが、上海沖の東支那海のいわゆる「瀬取り銀座」などと呼ばれる海域での事例では支那大陸より出航してきたと思われる船籍不明船が北朝鮮タンカーへ石油製品を荷渡しする事例が殆どのようである。

 今回の北朝鮮船は小型木造イカ釣り漁船であるから、瀬取りするとしても石油製品というわけにはいかない。 小型木造漁船でも運べるモノということになる。

 人目につかない洋上で、北朝鮮漁船から韓国艦船へと秘密裏の人物往来ということも考えられようが、金英哲朝鮮労働党副委員長がホワイトハウスを訪問している時世であり、文韓国大統領の南北融和も同胞として前のめりで進んでいるのであるからそんな必要も無いことであろう。 あり得るのはやはりモノの受け渡しであろうか。

 元々貧弱なわが共和国経済であり国際経済制裁下にある北朝鮮であれば何でも欲しいだろうが、「われわれと心を一つにした南の同胞」(金正恩元帥の革命活動・金正恩委員長の新年の辞)から受け取れる最も欲しいモノとは、俺的貧乏人の発想ではやはり「もらってうれしい現金(ゲンナマ)」ということになる。

 鴨緑江を挟んだ中朝国境はオープンであるから、北朝鮮は少々工夫をすれば欧米からでも何処からでも大概のモノは輸入できるわけだが、経済制裁下で銀行等金融機関決済がほぼ不可能であるのでそれには米ドルや中国元などの外貨の正貨が必要となる。 元々が輸入超過の経済構造であるし外貨獲得のためには国家ぐるみの非合法手段まで行って来ているのであり、経済制裁が継続している今外貨には喉から手が出ていよう。

 近々2度目の米朝首脳会談が行われるといい、そのあと今年中には金委員長の訪韓での4度目?の南北首脳会談を文大統領は予期しているであろう。

 2000年だったか、「太陽政策」を掲げた金大中韓国大統領が平壌を訪問し金正日委員長と会見・握手していたことがあったが、この会見実現のために少なくとも4億5千万ドル以上が韓国より北朝鮮へ送金されていたと言われる。(Wiki他)

 南北融和にひどく前のめりな文大統領であり、金正恩の求めに応じて或いは自主的に外貨を北朝鮮へ供与することは有得よう。 今は送金は無理だろうからUS$や中国元などの外貨現金(ゲンナマ)での受け渡しとなる。

 昭和最大の未解決事件という「3億円事件」では現金入りの手持ちアルミケース3個だったというが、1億円というのは万札一万枚になるか。$100札で1万枚であれば百万ドル。米$100札というのは万札より一回り小さいし、アルミ現金ケースも3憶円入るのもあると言うしアルミケース以外でも容器は色々あるだろうし、木造小型漁船でも現金外貨であれば軽いし相当な量も積めることであろう。 数億ドル程度は楽に運べよう。

 目立ち易い大型艦船でなく小型船舶を使い北朝鮮小型漁船へとの考えもあるだろうが、途中で横に流れたり、渡したvs受け取っていない?!等の事故が生じた場合、公に捜査や訴追が出来ない性格の現金である。 海上の警察機関である韓国海洋警察庁の巡視船を使用するのは機密保持上も理に適っていようか。

 東支那海方面は日米はじめ最近は英豪加仏ニュージーランドまで加わって瀬取りの監視体制が厳しいだろうが、日本海方面であれば哨戒は基本的に日本のみであり比較的に対処がし易い。 北朝鮮のイカ釣り漁船が多数出漁しているから欺瞞隠密行動が容易である。 警戒のために対水上対空対潜能力の高い駆逐艦を派遣し万一日本自衛隊機や日本公船の接触を受けた場合には火器以外のあらゆる手段でこれを追い払う。 アメリカの諜報機関などが嗅ぎつけたとしても米朝首脳会談を控えているのでそう大きな問題にしないであろう。・・・やるなら今。

 そんなところだったろうか。

ROKDD971
ROKS DDH971 Gwanggaeto the Great(広開土大王)  -Wiki Photo-
 



 
ギャラリー
  • "LOOK MA, NO HOOK"
  • "LOOK MA, NO HOOK"
  • 雪だ
  • 瀬取り・・・何を受け取ったか
  • 「妨害行為を謝罪し、事実の歪曲を直ちに中断せよ!」
  • 「妨害行為を謝罪し、事実の歪曲を直ちに中断せよ!」
  • 救助されたという北朝鮮漁船
  • 救助されたという北朝鮮漁船
  • 救助されたという北朝鮮漁船
最新コメント
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計: