Bandoalphaのらく書き帳

 おっさんのブツブツですぅ。 脱力系あるいはガッカリ系ブログとでも申しましょうか、その時その時の思いついた事の、テキト~なメモ書き、らく書きですぅ。       至らない点につきましては、ご指摘を戴ければ嬉しいです。 ただ、ご指摘を戴いても、進歩・学習する能力がねえ~                                                                Toshi Hino/桧野俊弘 Bandoalpha@msn.com                                                    

国籍

 日本に居た頃は「国籍」などというものは、意識したことは無かった。

 出自は宮城県、伊達藩代々の由緒正しい貧乏百姓の子倅という系譜であるから、夏の旱の心配はしても国籍などというものは考える必要も無いことであった。

 「あなたは何人?」と問われれば、「俺はトーホクズン(東北人)!」と言う意識のみである。

 自分の本来の国ではない「外国」で生活していると、否が応でも自分の国籍ということを意識させられることになる。

 米国の場合「永住権」者であれば、普段の生活は一般米国市民と同等でありさしたる支障は無いのだが、米国籍が無いと選挙権・被選挙権は無く、裁判の陪審員(Jury Duty)になることも出来ない。

 知人が地域の選挙に出馬しても一票応援してやることが出来ない。
おかげでベティは落選した!?

 何度か陪審員の指名を受けたことがあったが、一市民の義務として刑事司法に参加する機会を得るのであるから光栄であり、「ヨーシ全員縛り首にしてやろう!」と張り切っても国籍条項で除外された。

 米軍施設などを訪問する場合、事前に連絡してあっても「外国人」は営門の警衛所で待たされて再度確認されたりして時間がかかることもある。

 パスポートは一つあれば十分であるし国籍を二つ持ったからと言って所得が増えるとかではないので、重国籍所持というのは利便性を追求してのものであろう。

 米国籍を取得すれば市民権が行使出来るし、日本国籍も黙ってそのまま保持していれば将来日本に帰ることになった場合でもスンナリ帰国出来よう。

 トーホクズンが”外国人”として故郷に住んだり、お迎え待ちの高齢者になってから自分の国への帰化手続きなどするのはシンドかろうし。

 どちらの国にも市民として何時でも居住することが可能であれば、その時々の経済や利便性等を睨んで自分に都合の良いほうの国に住む「良いとこ取り」も出来ようか。

 日本など一国一国籍制をとる国では外国籍を取得した場合には、「日本国民は、自己の志望によつて外国の国籍を取得したときは、日本の国籍を失う。国籍法第十一条)」などとキビシイことが書かれてはあるが、国籍取得に関しての情報を他国と交換する国際条約などというものは無いので、黙っていればわからない。

 ちなみに税務に関しては日米租税条約が存在し、日本での所得などがある場合は税務署に提出された源泉徴収票の情報がIRSにきちんと提供されている。

 「税逃れを見逃さず、公正な税徴収を行う」ということで税務に関しては国は違えども目的は一致しているが故のことだろうが、税務署というのはなかなか大したものである。

 日本では武蔵野税務署、こちらではIRSの法人税務監査の相手をしたが、そう言えば税務監査官は人種は違えどどちらも似たような雰囲気を持つ人だったような。

 二重国籍者となり二つの祖国を持っことで困る事態があるとすれば、二つの祖国間での係争がエスカレートし所謂「戦争」状態が生じるような究極の事態の場合であろうか。

 ふつう、外国よりの侵略を受けた場合にはこれに抵抗し戦い、国を守ることが国民の義務とされている。

 米国も現在は陸海空軍海兵隊いずれも志願制であるが、国家非情事態には徴兵制を実施できるようになっており、そのための登録や非常時の徴兵実施手順なども定められている。(Selective Service System

 日本は、最高法規である日本国憲法にも非常時の国の防衛のようなことは一切謳われておらず、守られる権利はあってもそれを守る義務は意識する必要が無い、という世界的にも珍しい国であろう。

 そもそも「戦争放棄」をした平和憲法であると学校で習ったが、戦争と言うのは相手があることだから一方的に放棄宣言したからといって相手国が戦争放棄しなければ、攻撃侵略されて戦争をしかけられる機会はなくならない。

 「陸海空軍その他の戦力は、これを保持しない。国の交戦権は、これを認めない。(日本国憲法第九条)」ということであるから正確な表現としては「戦争の放棄」でなくて、「戦力の放棄」なのであろう。

 日本国憲法が成文したのは昭和21年であるから、連合国進駐軍が日本各所に駐留していた占領下であり、憲法の一字一句に連合国軍GHQの「OK」が要った時代である。

 アメリカはじめ連合国には、ガダルカナルから沖縄まで、殺しても殺しても矢弾尽き糧秣が途絶えても抵抗を止めない日本軍による流血の記憶が未だ生々しい時代であり、日本の武装解除を兎も角徹底させること、戦う意志のタマ(魂)を抜くことが何よりも優先事項であったろう。

 日本国はともかくとして、戦争状態になればもう一つの祖国からは侵略に抵抗する義務が求められよう。

 アメリカと日本が70年以上前のように再び戦争状態になる可能性は少なかろうし、日本とフランスやポーランド等の間で武力紛争が起きることも考え難いが、中国、台湾、韓国、北朝鮮、ロシアの周辺諸国とはいずれとも領土や、従軍慰安婦などの歴史認識の係争を日本は抱えている。

 軍事力の増強が著しい中国は尖閣諸島や沖縄は日本が侵略したものとし、歴史を正すとしている。

 暴力で無垢の日本人を拉致するばかりか、日本海の漁場に無警告でミサイルを度々撃ち込むアヴノーマルな共和国も日本海の対岸に存在している。

 日本と周辺国家との間で武力紛争が生じる可能性は残念ながら年々高まって来ており、今や何時でも起こり得ると言うのが現実であろう。

 幸か不幸か、日本国籍を取得し帰化する外国人というのは、朝鮮半島出身者と中国とで85%を占めている。(法務省統計
こうゆうのは多様性とは言わず、”二様性”であろう。

 何故か二重国籍問題にはひどく敏感に反応し、その擁護に熱心な朝日新聞社の言うように、「過度にこれを問題視せず、多様な背景を持つ日本人が胸を張って共に暮らす社会」(2016年11月6日社説)、件の蓮舫民進党代表の言うような、「多様性を認め合う共生社会」もよいのだろうが、究極の事態の場合に、国会議員や国務大臣、或いは自衛官や海上保安官などの職業の者が、”苦渋の選択”などと称して自らのアイデンティティの国にいそいそと帰国し、喜々として対日本戦に加担したり、或いは日本国内で反日・抗日活動に走るようでは困ることだろうか。



 「多様性の象徴でもある私」と自称する民進党代表の蓮舫先生は先日、日本国籍の選択宣言が記されている戸籍の部分等を公開して記者会見をしたという。

 公職にある者の違法性の有無を質すことが、排外主義・差別主義であり、まるで自分は被害者。
今回だけは特別な配慮で公開・説明してあげているのであるから、国民は蓮舫先生に頭を下げてその非礼を詫び、感謝しなければならないような口ぶりである。

 話術の巧さには’自信があるのであろう。

 言い訳は色々喧しいのだが、主権者である国民に証拠を示してきちんと説明が出来ない、或いは説明したくない様な事があるのであれば、国会議員などの公職には就かぬことだ。

 他人の失点には徹底的に追及してあらゆる手段でこれを叩く。話術巧みで言い訳上手、自分には甘く、嘘を吐くことに抵抗が無く胸を張ってキッパリと嘘を吐く。

 そんな醜い日本人が社会の主要な地位に跋扈する”多様性”の国に、日本はなってゆくのだろうか・・・


2017夏盛りなり

素晴らしい夏の日が続いている。

北の地であり、八月に入ると夕方には涼しい秋の風が吹き始めるので今頃が夏の盛り。

2017年夏今盛りなり。

とりあえずはシャワーの後のビールなのだが・・・


sunsetmanilabay
何故かManila BayのSunset。Photo:TripAdvisor


「棕櫚の影」YaZawaいいね。漢字が読めなかったオレ。ヨロシク!

トマホークによるシリア攻撃

2月はさすがに風がまだ冷たかったが、3月には一雨毎に暖かくなり、4月に入ると桜が満開で春風に桜吹雪が舞い、今は桜葉に射す陽が暖かい。

世界は相変わらずキナ臭いニュースが多いようだが、先日4月6日にはシリアのアサド政権軍航空基地に米海軍がトマホーク・ミサイル攻撃を行ったという。

4月4日に、シリア北西部の反アサド政権勢力の支配する町(Khan Shaykhun)に対して化学弾(サリンという)攻撃が行なわれ、子供も含め死傷者数百名を生じたことに対する措置という。(Khan Shaykhun chemical attack-Wikipedia

シリアやイラク領域内のISIS(又はISIL。”イスラム国”)に対しては現在掃討作戦が行われており、連日の如く地上作戦支援の空爆が行われているが、米国によるアサド政権側に対する攻撃は初めての事という。(CENTCOM

今回の化学兵器行使は、アサド政権軍の航空基地(Shayrat AB)からのスホイSu-22M戦闘攻撃機により行われたものだという。

AshShayrat
トマホーク攻撃を受ける前のShayrat航空基地の衛星写真。
V字型の2本の滑走路の周囲には40基を超える航空機掩体が見え、SAM対空誘導弾陣地(SA-6という)や、対空火器や野砲用と思われる掩体、塹壕や避難壕のようなものも周囲に多数見える。反アサド政権勢力による攻撃が何時あってもおかしくない前線基地の緊張感が写真からも覗えるようだ。

この基地はロシア軍が近年拡張したといい、以前はロシア軍のヘリ部隊や戦闘機部隊も常駐していたそうだが、現在はアサド政権軍の第50航空旅団が使用しているという。 同航空旅団はMig-23装備の675飛行隊、Su-22M装備の677飛行隊と685飛行隊よりなるという。
3個飛行隊であるから定数はかなりな機数になるわけだが、戦闘損耗や整備不良等で稼働機はかなり少ないことだろうか。

周囲を囲まれた基地の中にさらに囲いを持つ特殊施設が見えるが、化学弾などを貯蔵していても不思議でない。
現在この基地にはロシア軍の軍事顧問団(80名程という)が居ると言い、トマホーク攻撃にあたってはロシア兵の死傷発生は避けるべく米はロシアに攻撃の1時間前に事前通知をしたという。
トマホークの攻撃目標は航空機及び掩体、燃料や弾薬庫等、対空火器及びレーダー施設等で滑走路は除外している。
ロシア軍事顧問団は結局同飛行場から脱出はせず被攻撃時も基地内に留まっていたという。 ロシアは戦死者まで出しながらアサド政権軍と共に戦っているのであるから、自分だけ安全に逃避するわけにいかないのは当然とはしても、ロシアの軍人もなかなか大したものである。

4日に化学弾攻撃を行ったSu-22M機の出撃から帰投までの三角を描く飛行航跡を米軍は把握していたというから、上空からシリア空域を監視していたE-3 AWACSによるものであろう。

E-3 AWACSの装備するAPY-2レーダーは高度3万フィートで300浬(555Km)以上のレンジがあるというから、地中海等の周辺空域の上空からシリア全域を監視することが可能である。
A1A
シリア空域では米軍機等ばかりでなく、ロシア軍機やアサド政権軍機も作戦行動を行っており、不測の武力衝突を避けるため彼我に一定距離を置く等の戦闘航空管制が必要だろうし、被弾や故障発生等で乗員が脱出し敵性地に降りた場合、もしISISの捕虜にでもなれば散々宣伝に利用された挙句に残虐に公開処刑される可能性が高いから、即座にコンバット・レスキューを発動させて乗員を救出する必要が生じる。
米軍、あるいはNATOのAWACSがシリア空域の常時監視体制に就いているものであろう。

ロシアの”軍事顧問団”というのはアサド政権軍への作戦助言や指導を行っているのであるから、今回シリアのSu-22M機が化学弾を搭載し使用することは当然知っていたであろう。

化学弾攻撃時にロシアは目標地上空にUAV(無人機)を飛行させていたという。 UAVは目標選定や戦果状況確認等を行うわけであるから、今回の化学弾使用にあたりロシアがより積極的な関与をしていたとしても驚くには値しない。

SyrianSU22M
シリア・アサド政権軍のスホイSu-22M。旧式機ではあるが反アサド勢力への対地攻撃に重宝されているようである。
損耗補充にイラク戦争時にイランに逃避した旧イラク軍のSu-22をイランより入手したとも言われているが、とすれば旧イラク軍スホイ機も妙なところで活躍しているものである。

アサド政権は2015年以降ロシアの直接軍事支援(Russian military intervention in Syria-Wiki)を受けているわけだが、その支配管理地域は縮小こそすれ拡大してはいないようである。アサド大統領は長身の貴公子然とした男だが、人民からはあまり人気が無いような?
反アサドの民衆蜂起から今日に続く混乱が始まったことを考えると、納得もいくだろうか。
シリア国内は今や三つ巴四つ巴の混乱であり難民も大量流出、崩壊国家の様相だが、簡単に解決はするまいしまだまだ混乱は続きそうである。

ロシアはあらゆる手段を尽くしてアサド政権を支えるのだろうからアサド政権は続くだろうが、今後化学兵器を使用するには米よりの攻撃を予期せねばならず、今回のトマホーク攻撃は化学兵器使用の抑止には有効であったろう。

今回の攻撃に使用されたトマホーク・ミサイルは、BLOCKⅣと呼ばれる現在調達されている最も新しい型のトマホーク(TLAM-E、BGM109E)で、発射後にも衛星通信で飛行プログラム変更が可能といい攻撃目標を変更することが発射後でも可能であり、ミサイル頭部にカメラを装備しているので艦のCIC(戦闘管制室)等で目標突入や攻撃状況の目視確認も可能になっているという。(NAVY Fact File)(Tomahawk-wiki

命中精度も新型になる度に向上しており、その精度は”目標のビルの3階のこの窓”と指定してそこに撃ち込める精度という。

「クルーズ(巡航)ミサイル」の名の通り、巡航で速度は亜音速でありミサイルとしては酷く鈍足なのであるが、1600Kmという長大な射程を有し、高度数十フィートで地形に追随するフライトパターンで侵入するので、通常の警戒レーダーでは探知は困難であるから、迎撃が極めて難しい。
今回もシリア側は攻撃を事前に承知していたわけだが、SA-6 SAMはじめ迎撃には成功していない。

ロシアのシリア派遣軍は、同軍のスホイSu-24が領空侵犯によりトルコ空軍F-16に撃墜されて以降、防空力強化のため最新型地対空誘導弾であるS-400を持ち込んでいるが(Youtube)(S-400 SAM-Wiki)、今回Hmeymim基地(アサド国際空港)に配備されたS-400も沈黙した儘であった。
意図的に迎撃しなかった可能性も考えられるが、どんなに優秀なSAMシステムの3Dレーダーでもレーダー電波は直進なので、トマホークのようなものを補足・迎撃することは難しい。

巡航ミサイルの要撃はAWACSのような空中警戒機と連携するような防空システムでないと成功しないであろう。

今回の攻撃ではミサイル駆逐艦2隻より計60発発射したといい、うちトマホーク1発が発射直後に海面に落下し、59発の攻撃となったという。

2016年12月のトマホーク・ミサイル調達契約では、「214発調達で$303.7M」というから、単純計算で1発$1.4M(1億5千万円というところか)ということになる。
調達契約にはミサイル本体以外に補用品など他のものが含まれたりするから、ミサイル本体はも少し安いとしても、中小企業の元係長の少額納税者としては見たこともない金額の高価なものであるから、不良弾など出さないようメーカーのRaytheon社には品質管理を徹底してもらいたいものである。(Tomahawk missile facility-CNN

今のままでは近い将来必ず生じるであろう、北朝鮮攻撃のさいには発射全トマホークが有効に所要の攻撃効果を発揮するように。


◆大量破壊兵器

2013年だったか、オバマがシリアに対して武力攻撃を辞さずとしたところロシアの仲裁でシリア・アサド大統領は国連決議を受け容れて化学兵器の完全放棄に合意し、すべての化学兵器が平和裏にシリアから撤去された筈であったが、どっこい一部秘匿していたことになる。(Destruction of Syria's chemical weapons-Wiki

国連機関の査察団による監視検証もあるわけだが、全国土全施設をチェックするというのは事実上不可能なことであり、「秘匿保持しよう」との意思があれば、隠す方法は幾らでもあることだろうか。

化学兵器等大量破壊兵器の保有に走った同じ政体下で、国連など国際合意により「平和裏にこれらを完全放棄させ、二度と持たないようにさせる」というのは、現実には極めて難しいことであろう。

「アル中のおやぢに、持っているアルコール類を全て捨てさせ、以後2度と酒は口にしないよう自主管理させる。」というようなものだろうか。絶対無理とは言わないがなあ・・・

サダム・フセインのイラクも、イラク戦争直後には在る筈の大量破壊兵器が見つからず、保有していた化学弾は既に廃棄していたものと考えられたが、あらぬことか普通弾に偽装して各地の弾薬庫に混在秘匿していたのが、イラク軍遺棄弾薬処分時にそれと知らずに化学弾も一緒に処分し、障害者を生じたことて判明している。

化学弾は敵の人員を根こそぎ殲滅することが可能な強力兵器であるが、間違って使用すれば味方にも被害を生じかねず、また使用すれば相手もこちらに化学弾や核など大量破壊兵器攻撃を行ってくることを想定する必要もある。
国際条約で保有や使用が禁止されたものであるから、国際社会の反応を考慮する必要もある。
使用は国家トップの判断が必要だろうし、前線の現場で間違って使用されたリが生じては困るので、一般弾薬とは明確に分けて管理される筈のものであり、普通弾薬に偽装して一般弾薬に混在させる”常識外れ”をやられたのでは幾ら国連機関の監視団が頑張っても発見するのは難しい。

IRAQWMD (521x601)
これら数千発の化学弾が貯蔵されていた旧イラク軍弾薬庫はその後ISISの支配するところとなったものがあり、イラク戦争後居場所を無くした旧イラク軍の化学幹部がISISに参加したりもしてるので、ISISがこれら化学弾を入手し使用している可能性がある。 時々ISISが化学弾(マスタードガスという)を使用したとの話が出て来る。(NY Times他)

北朝鮮の場合も、現在の金一族体制の侭話し合いだけで核兵器や2500トン~5000トンほど保有していると推定(韓国防衛白書による)される生物化学兵器を全廃させることは難しいのであろう。

今回シリア攻撃に使用されたトマホークE型は日本本土から北朝鮮の全域に対する攻撃が可能である。

北朝鮮の防空体制では迎撃は不可能であるし、ピンポイントの攻撃精度を持つので、”我が共和国の金正恩同志”が喜び組と一緒に入っている風呂釜や、用を足している金の便座を撃つことが可能である。

現在Raytheon社では艦船や車両などの移動目標に対する攻撃能力を付与する研究開発も行っている。

トマホークは元々核弾頭を搭載するものだったので、米軍規格の核弾頭を搭載するようにすることも容易であろう。

憲法9条固守、自衛隊の海外派兵反対、米軍との共同防衛など集団的自衛権絶対反対、自衛隊は日本本土の防衛にだけ徹すべし、と声高に叫んでいる者こそ、北朝鮮の弾道ミサイル攻撃を受けて、自分の財産が焼かれたり親族に死傷者が出たりした途端に、「自衛隊何やっとる!早く行って北朝鮮のミサイル潰してこいや」、「特攻せんかい!」「状況は変わったんぢゃ!」と叫ぶことは目に見えているのではなかろうか?

弾道ミサイルを撃ち込まれてばかりでもしょうがないだろうから、日本もトマホーク・ミサイルの800発も導入してはどうか。

ギャラリー
  • Daylight Saving Time ended
  • 日本チンボツニダ
  • Jアラートそしてミサイル防衛
  • Jアラートそしてミサイル防衛
  • Jアラートそしてミサイル防衛
  • 火星12再び日本上空へ向け発射
  • 火星12再び日本上空へ向け発射
  • 車輪の一歩
  • Enough is Enough
最新コメント
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計: