787の脚が出なかったとかのニュースがあったが。(

手動で脚を下ろせたのであるし、例え出なくとも、先日のポーランドの76のように胴着出来るのであるから、別にどうという事も無い。(

「本日のワルシャワの天候は曇り。気温は摂氏XX度。現地の時間はX時X分になるところでございます。またの御搭乗を乗務員一同心よりお待ち申しております。 なお、本日は特別サービスとして脱出シュートを使用致しておりますので、お降りの際は足元にご注意くださいませ、」とか、やはりアナウンスするのだろうか。
脱出シュートを降りると、「XX様」と書いた紙を持ってる男がそこに立ってたりして。(

787は機種転換に意外と時間を要するのだとか。

ANAの最初の機種転換組は約5週間を要したとか。
ボーイングでは777からの転換の場合5日間、つまり一週間で可能というのだが。
最初であるし、大日本帝国の場合は監督官庁も煩いによる指導も細やかなのだろうし、どうしても長く時間をとるようになるのだろう。

徐々に短縮されるようになるのだろうが、それにしても若干予想よりも時間を要する機体というところだろうか。

787Training.jpg