NTSBが、ボストンでのJAL787バッテリー火災原因究明の3度目になる情報を公開している。(引用下記)

バッテリーなどの科学的解析はまだ進行中の段階だが、フライト・データ・レコーダーからは、当該バッテリーに規定以上の過剰な電圧が供給された記録はみられない、というのは注目される。

「Finally, examination of the flight recorder data from the JAL B-787 airplane indicate that the APU battery did not exceed its designed voltage of 32 volts」

全体の解析が終っていないので一部の情報ということではあるが、供給電力のほうは正常であったとすれば、バッテリー本体になんらかの問題があったことが強く示唆される。

ANA機のフライト・データ・レコーダーの電気系統記録ももう解析されているだろうが、どうだったのだろうか?

国土交通省は、21日航空法に基づきGSユアサに立ち入り検査に入ったという。(引用下記)


◆◆◆
NTSB Press Release
National Transportation Safety Board
Office of Public Affairs


--------------------------------------------------------------------------------

NTSB Provides Third Investigative Update on Boeing 787 Battery Fire in Boston

January 20
WASHINGTON - The National Transportation Safety Board today released a third update on its investigation into the Jan. 7 fire aboard a Japan Airlines Boeing 787 at Logan International Airport in Boston.

The lithium-ion battery that powered the auxiliary power unit has been examined in the NTSB Materials Laboratory in Washington. The battery was x-rayed and CT scans were generated of the assembled battery. The investigative team has disassembled the APU battery into its eight individual cells for detailed examination and documentation. Three of the cells were selected for more detailed radiographic examination to view the interior of the cells prior to their disassembly. These cells are in the process now of being disassembled and the cell's internal components are being examined and documented.

Investigators have also examined several other components removed from the airplane, including wire bundles and battery management circuit boards. The team has developed test plans for the various components removed from the aircraft, including the battery management unit (for the APU battery), the APU controller, the battery charger and the start power unit. On Tuesday, the group will convene in Arizona to test and examine the battery charger and download nonvolatile memory from the APU controller. Several other components have been sent for download or examination to Boeing’s facility in Seattle and manufacturer’s facilities in Japan.

Finally, examination of the flight recorder data from the JAL B-787 airplane indicate that the APU battery did not exceed its designed voltage of 32 volts.

In accordance with international investigative treaties, the Japan Transport Safety Board and French Bureau d'Enquêtes et d'Analyses pour la sécurité de l'aviation civile have appointed accredited representatives to this investigation. Similarly, the NTSB has assigned an accredited representative to assist with the JTSB’s investigation of the Jan. 15 battery incident involving an All Nippon Airways B-787. Both investigations remain ongoing.

Further investigative updates on the JAL B-787 incident will be issued as events warrant. To be alerted to any updates or developments, please follow the NTSB on Twitter at www.twitter.com/ntsb.

NTSB Media Contact:
Office of Public Affairs
490 L'Enfant Plaza, SW
Washington, DC 20594
(202) 314-6100
Kelly Nantel
kelly.nantel@ntsb.gov

http://www.ntsb.gov/news/2013/130120.html
◆◆◆

◆◆◆引用:MSNサンケイニュース

GSユアサに日米立ち入り 発煙元のバッテリー製造
2013.1.21 13:05

 全日空ボーイング787の重大トラブルで国土交通省は21日、発煙元となったバッテリーのメーカー、ジーエス・ユアサコーポレーション(GSユアサ、京都市)を、航空法に基づき立ち入り検査した。

 米ボストン国際空港で起きた日航787の出火トラブルとの関連調査で来日している米連邦航空局(FAA)の担当者も、米国の法律に基づいて検査に同行した。

 GSユアサ広報室は「検査に入っているかどうかについてはコメントできない」としている。

 また国交省は、運輸安全委員会が分析している787のフライトレコーダー(飛行記録装置)の電気系統に関するデータを、同委員会から受け取ったことを明らかにした。トラブルの再発防止に生かすためだという。

http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/130121/dst13012113060009-n1.htm
◆◆◆

a2f7be07.jpg

高松空港に緊急着陸したANA機のバッテリーと正常なものの内部。バッテリーがこのような状態になるのは、
@過充電がされた場合
@極端に大きな電圧等が掛かった場合
@バッテリーに欠陥があり内部でショートなどが起きた場合
だろうか。
当該バッテリーが本来の仕様を満たしていない所謂不良品だったということであれば、原因は単純で”一件落着”になるのだが?さてどうであろうか?
運航停止は経済的損失も大きく、一刻も早く運航再開を!というプレッシャーはさぞ大きいことだろうが、あらゆる可能性を排除することなく、結論を先急ぎせず、冷静で徹底した科学的な解析に基づく原因の究明が為されることが、将来の飛行安全確保には一番大切なのであろう。
Photo:JTSB/Wired.com