護衛艦「ゆうだち」が、中国海軍フリゲート艦「連雲港(Lianyungang)」から火器管制(FCS)レーダーの照射を受けていたという。

◇◇◇引用

中国海軍艦艇の動向について
平成25年2月5日
防衛省

 1月30日(水)午前10時頃、東シナ海において、中国海軍ジャンウェイⅡ級フリゲート1隻から、海上自衛隊第7護衛隊「ゆうだち」(佐世保)が、火器管制レーダーを照射された。

 なお、1月19日(土)午後5時頃、東シナ海において、中国海軍ジャンカイⅠ級フリゲート1隻から、海上自衛隊第6護衛隊「おおなみ」(横須賀)搭載ヘリコプターに対する火器管制レーダーの照射が疑われる事案が発生している。


http://www.mod.go.jp/j/press/news/2013/02/05b.html
◇◇◇

他にも「おおなみ」のSH-60K艦載ヘリが中国艦からFCSレーダーの照射を受けていたようで、照射を感知した同ヘリは回避運動を行なっていたようである。

場所は尖閣諸島の北方海域の公海上のようだが、尖閣を睨んで、遊弋する中国海軍艦艇とそれを警戒監視する海自護衛艦が、いまや日常的に対峙しているところである。

FCSレーダーを相手に照射するということは、「撃つぞ」という意思表示であり、照射を受けた艦艇が自衛の為反撃をしても国際社会ではおかしくは無いし、これは一触即発、戦争へ”あと一押し”ということになる。

2003年のイラク戦争以前に、ノーフライ・ゾーンをパトロールしていた米軍機やNATO軍機がイラク軍SAM(地対空ミサイル)の管制レーダーの照射を受けることがあったが、都度SAMサイトを即刻攻撃し沈黙させていたのを思い出す。

冷戦時代にはソ連艦などが砲を向けて来ることがあったが、視覚的効果はあっても、FCSを作動させなければ例え撃っても当たらないので、FCSレーダー照射という方が現場の緊迫度は高かろう。

日本の自衛隊は”正当防衛”での対応しか出来ないことを中国は知っているから、日本が反撃はして来ないことを読んで威嚇したのだろうが、愚かな、極めて危険な行為である。

「ゆうだち」は回避運動を行い、FCSレーダー使用など反撃の態勢はとらなかったようであるが、若し中国艦が本当に撃ってきた場合には、先制されて一発の反撃も出来ない侭一方的に被害を被り、多数の乗員が死傷することになるので、現行の”撃たれてからしか反撃出来ない正当防衛”だけの体制というのも考え物である。

自衛隊が相手を威嚇するような行動をとる必要は無いが、相手の威嚇行為に対してはある程度毅然とした対応がとれないと、却って相手に愚かな行為のエスカレートを誘発することにもなりかねまい。

フネでは艦長が最高指揮官なわけだが、中国海軍では艦長の他に党政治局員が乗っており、共産党の指揮下で艦長は艦を動かすこととなる。
小艦艇にまで党政治局員が乗艦するものなのか?、今回の「フリゲート連雲港」に党政治局員が乗艦しているのか否かは確認出来ないが、大型艦や艦隊には配置されているのであろう。

今回のFCSレーダーの照射も、明確な中国共産党の国家意思に基づくものなのだろう。

行動の背景には、大国となってきた中国の自信と、尖閣諸島には武力の行使を厭わないという姿勢が窺える。
現場の軍の独走や、軍の規律の乱れによる悪戯等と矮小に捉えれば、判断を誤ることになるだろう。

3f1e9045.jpg

Photo:防衛省

1ec69c74.jpg

Photo:Wikipedia同型艦524のもの
同型艦10隻が就役しているというこの型のフリゲートには、3種類3基のFCSレーダーが塔載されているようだ。
HQ-7対空ミサイル管制用のType 345(Jバンド)、100mm連装砲およびYJ-83対艦ミサイル管制用のType 343GA(使用周波数帯不明)、37mm連装機関砲4基の管制用のType 341(I/Jバンド)だという。
Sino Defence.com

尖閣諸島は1970年代になってから中国が領有権を主張し始めているから、歴史的には極最近である。 最近になって、尖閣諸島は、明時代の昔から紛れも無く中国の領土であったことが解ったと言う。
この先も、調べてみたら議論の余地の無い中国の領土であった、という島嶼はたくさん出て来そうである。

「尖閣諸島棚上げ論」というのも、日中が外交上合意したことでなく、鄧小平が記者会見で意見を述べただけのものである。

鄧小平の日本記者クラブにおける記者会見

当時、新聞など日本のマスコミは、「我々の世代には知恵がない」「次の世代はきっと賢い。良い方法を見つける事でしょう」等という言葉を大きく報道し、”さすがは中国の大人”と世間を感心させていた。

”尖閣諸島は棚上げ”という合意が日中間でなされたように作り上げられてしまったわけで、無為無策で事なかれ主義であった日本政府にも問題はあるが、中国の”領土外攻”というのはなかなかに上手であるようだ。

日本には色々なのが居るから、この先暫らくすれば、”不測の武力衝突回避のためには、尖閣は日中で共同管理する以外ないではないか”等という意見がマスコミに出てきたり、或いは、日本は武力行使は出来ない国だと思えば、奇襲的軍事力行使で中国が尖閣を一気に占領し既成事実を作ってしまう可能性も、排除は出来ないであろう。

「やる時には、やる」という覚悟が、日本人には要るということか。

そうゆう覚悟と姿勢を具体的に示して臨んではじめて、領土問題というのも話し合いによる解決のチャンスも生まれよう。
単に話し合うというだけの姿勢では、領土問題などは到底解決できるものではあるまい。

日本の最後の盾は自衛隊。
海上自衛隊隊歌 「海をゆく」
WAVE(女性自衛官ー海自)が増えたので今は歌詞が変わっているが、「海をゆく」はやはり旧歌詞だろう。