◆◆◆引用:読売新聞ネット

北海道グライダー不明、収容の男性2人死亡確認

18日午前6時過ぎ、北海道・日高山脈の山中で、自衛隊のヘリコプターが墜落しているグライダーを発見した。
操縦室から男性2人が見つかったが、2人とも死亡が確認された。

 同山脈付近では、15日午前から北見市のNPO法人「エアロスポーツきたみ」所属のモーターグライダーの行方が分からなくなっており、いずれも同市の飛行教官加藤隆士さん(58)と、写真家月岡陽一さん(64)が搭乗していた。道警は、見つかった男性は加藤さんらとみて、身元の確認を急いでいる。

 加藤さんらは15日午前9時過ぎに大空町の女満別空港を出発し、午後1時過ぎに鹿部町の鹿部飛行場に着陸予定だったが、午前10時過ぎ、帯広市上空から日高山脈を越えるコースを帯広空港に連絡した後、レーダーから機影が消えた。同日から自衛隊や道警などのヘリが捜索していた。

(2013年3月18日11時35分 読売新聞)
http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20130318-OYT1T00396.htm
◆◆◆

◆◆◆引用:日経新聞ネット

北海道の山中にグライダー、2人死亡 不明機か
2013/3/18 11:52 ニュースソース 日本経済新聞 電子版  

北海道大空町の女満別空港を離陸したモーターグライダーが消息を絶った事故で、捜索中の航空自衛隊のヘリコプターが18日午前6時すぎ、日高山脈の札内岳(1896メートル)周辺の山中で、同機の機体の一部を発見した。

 国土交通省などによると、乗員2人を機内から収容したが、帯広市の病院で死亡が確認された。道警は、消息を絶ったグライダーの操縦士、加藤隆士さん(58)と、カメラマン、月岡陽一さん(64)=いずれも北見市=とみて、身元確認を急ぐとともに、司法解剖して死因を調べる。

 機体はコックピットのガラスが割れ、両翼が雪に埋もれていた。尾翼など後部は見つかっていない。運輸安全委員会は航空事故調査官を現地に派遣し、調べる方針。

 加藤さんと月岡さんは15日午前9時すぎ、写真撮影のため、鹿部町の鹿部飛行場に向けて女満別空港を離陸。同10時15分ごろ、帯広空港出張所に「帯広上空を飛行中」と報告した後、交信が途絶えた。航空自衛隊や道警が連日捜索していた。

 札幌管区気象台によると、15日日中の現場周辺は雲が多かった。

 親族や知人によると、加藤さんは欧州から日本まで地球半周を成功させた実績もあるベテランパイロットで、道内の飛行クラブの教官。月岡さんを乗せて沖縄県まで列島を縦断し、各地の風景を空撮する予定だった。〔共同〕

http://www.nikkei.com/article/DGXNASDG1801U_Y3A310C1CC0000/
◆◆◆

◇◇◇
檜○様

787の件、ご連絡戴き誠に有難うございます。

ところで、先週金曜日、北海道、女満別から飛び立ったモーターグライダーが消息
を断ちました。
http://www.nikkei.com/article/DGXNASDG1801U_Y3A310C1CC0000/

パイロットは加藤隆士氏・・・覚えていますか。私が○○へ赴任した1987年の夏頃、
彼はSEAでIFRのライセンスを取得するため訓練に来ました。
○○へも自分でSEAからバスを乗り換え、歩いて来てくれました。覚えていますか?

その後、オーストリーから南回りで日本まで一人でモーターグライダーを運んでき
ました。
その後、南極越冬のパイロットで活躍し、帰国してから北見工大で航空部監督をし
ながらグライダーの教官をされていました。

当方がオランダ在住時には、ドイツから陸路で来てくれとても嬉しい思い出があり
ます。

学生時代は日大人力飛行機のパイロットで、海幕下総基地にて2,093mの当時とし
て新記録を樹立しました。
日本のグライダー界、またモーターグライダー界でも彼の実績を称えています。

先週月曜日には、連絡したばかりでこれが最後の連絡となってしまい、それはとて
もとても悲しく無念であります。

○金

◇◇◇
松○さま

そうでしたか。

一杯やりながら読売の記事を眺めて、「加藤隆士」?いい名前だな、58才?どっかで会ったことあるかな?
それにしても教官のベテランがどうしたんだろか?
等と思っておりました。

そうですか。
あの方でしたか。

残念です。

のうのうと何時までも生き残っているのは、世に役立たずの憎まれっ子ばかりですねえ~

Hino
◇◇◇

飛行機事故の記事なんかがあると、少しは気になるので、それとはなしに眺めたりしてるのだが。

飄々としていて、それでいて、のうのうと生きてる俺なんかは気倒される様な熱いものがあった。
ガッツのある”大和おのこ”がまた一人逝ってしまった。

今晩は、お通夜だ。


道新小学生新聞から 子供だったころ グライダー教官加藤隆士さん


加藤隆士Blog