参議院議員である蓮舫先生はTV番組において二重国籍疑惑について今度は、”キッパリ”と否定している。

◆◆◆引用
蓮舫氏が二重国籍疑惑を真っ向否定「噂が流布され悲しい」

3日放送の「ウェークアップ!ぷらす」(日本テレビ系)で、民進党代表代行の蓮舫氏が、自身の二重国籍疑惑について「悲しい」と述べ、真っ向否定する一幕があった。

番組では「民進党代表選きのう告示 候補者3人が生激戦」と題し、蓮舫氏と民進党の元外相・前原誠司氏、国対副委員長・玉木雄一郎氏がスタジオに登場していた。

司会の辛坊治郎氏は早速蓮舫氏に「結論によってはどうでもいい話だと思うんですが、一応、蓮舫さん伺っておきます」と話題を向ける。そして「二重国籍で台湾籍をお持ちなんじゃないかっていう話があります、これについては?」と、切り込んだ。蓮舫氏については、一部メディアやネット上において、二重国籍疑惑が取り沙汰されていた。

蓮舫氏は苦笑いしつつ、「今そういう噂が流布されるのは、本当に正直悲しんです」と語り出す。そして「国連の男女差別撤廃条約を、日本が批准をして、唯一改正をしたのが…」と続けていた。

ここで辛坊氏が割って入り、「いやもう、一言なんです!一言『違う』というならそれだけの話ですから」とコメント。すると蓮舫氏は「私は生まれたときから日本人です」と明言し、「(台湾)籍抜いてます」「高校3年の18歳で日本人を選びましたので」と説明した。

辛坊氏は「わかりました」と返し、「これに関してはデマだということは、お伝えしておきたいと思います」と話題を締めくくった。


http://news.livedoor.com/article/detail/11970538/
◆◆◆

蓮舫先生は父君が台湾・中華民国人だそうだから、「生まれた時から」は「中華民国籍」をお持ちのはず。
国籍法により22歳に達するまでにいずれかの国籍を選択しなければならないわけだが、高校3年の18歳のときに日本国籍を選択したということであろう。

日本の国籍を選択したさいには、外国の国籍を放棄する旨の国籍選択の宣言をすることとなっているわけだが、その後に台湾・中華民国籍の放棄手続きを実際キチンと行っていたのか?に疑惑が生じているわけである。

高校3年の18歳の時というから、台湾・中華民国籍放棄の手続きは親が行っていたことだろうか?

立法府である国会の議員職も長く有権者の一定の信頼も得ているのだろうし、国務大臣も務め、時勢至らば日本国首相になる可能性がある野党第一党の党首にならんとする人物が法令に反するような虚偽を行うわけはないであろうが、人間である以上”勘違いや間違い”というのは誰しもあり得ることだし、代議士先生と秘書ではないが本人と実際の手続きを行った者とのコミュニケーションの齟齬というのも有得よう。

18歳は大分昔のことだろうし本人は「籍抜いてます」の筈と思っていても、実際どうなのか?
折角の機会なのだから今一度事実確認するのも蓮舫先生自身にとっても悪くはないであろう。

確実な証拠を示したうえで、疑惑を否定するなりの議論を進めるのが民主主義の基本というものであろう。

これが一般民草レベルであれば、日本国籍以外に外国籍を持っていようがいまいが、それで何ら社会的影響が生じるわけでなし、ど~でもいい話なのだが。

個人的には多重国籍保有を日本も認めるようにして欲しいと思っている。

永住権だけでも普段の生活には何ら問題は無いのだが、最近はテロの時代であり米国以外の外国籍だとチョットした時に手続きが面倒だったりもする。

米国籍を取ろうかとも思っているのだが、シアトルの日本領事館などに行くと”米国籍取得のさいは日本国籍放棄の手続きを云々”などとポスターが出てたりし、”黙っていれば判らない”というのもチョット抵抗あるし、日本国籍を捨ててアメリカ人になってしまうというのも考えてしまう。
鏡を見ると、どう見ても東北の臭っさいオッサンだしなあ~

”国籍法なんて、いちお~あるだけで今ぢゃ死法ですよ、法規なんて誰も守っちゃいませんぜ。日本は多重国籍容認にもうなってますぜ”ということであれば、「滄浪の水濁らば、以て足を濯うべし」で俺もそのようにするのだが・・・



9月5日
日出; 0633
日没; 1940