この冬は年明けまで雪を見ずこの侭ぬる~く冬を終えるかと思ったら、寒気団がカナダから南下したとかで一夜にして銀世界となった。

DSCN4044

 今日は日中でも31度Fと言い、今夜は26度Fまで下がるという。日中でも32度F以下というのは珍しいか。 日がな一日氷点下であり午後晴れ間が一時覗いたが夕暮れにはまた雪が降り出した。(°F-32X5/9=°Cになる)

 路面は凍てついておりその上を新雪が覆うのでよく滑る。 事故も多発するからこうゆう時は用事は無いことにして一日ホットウイスキー片手に雪見酒するに限る。

 パイイチやる時にはやはり歌でも聞き乍らとなるが、シャンソンでもジャズでも浪曲でも何でも良いのだが昭和のおっさんであるからやはり「歌謡曲」。 「東京大衆歌謡楽団」が昭和のそれも初めの頃の歌謡曲の街頭ライブを行っている。 俺も年を取ったとはいえ流石に昭和初期は同時代でなく大正生まれだった父や母の時代であるが、曲は聞いたことがあり西城八十や古賀政男といった大先生の作品が多くその時代が映っているものなのだろう。 何やら色褪せた古い家族写真のアルバムでもめくっているような気分になる。

 
聴衆も皆さん「昭和」というお顔だが、高齢者が社会の何割かを占める高齢化時代である。高齢者を対象としたエンターテイメントがもっとあって良いだろうか。
 みんな何時かは年を取る!