昨年末に中国湖北省武漢市で発生が確認されたという新型コロナウイルス(novel coronavirus, 2019-nCoV)による肺炎似の症例だが、米国でも感染者第一号が確認されたという。

 ここSnohomish county在住の30代の中国人男性永住権者というから、大当たり~w

 該感染者は中国の実家に一時帰国していたといい、15日に米国に戻り19日に発症して地元医療機関で診察を受け、状況懸念した医療機関が検体をCDCに急送し20日に2019-nCoVと確認されたという。 該患者は現在EverettのProvidence Hospitalに収容隔離されているというが症状はほぼ回復しているようである。

 該感染者は新型肺炎の発生地帯とされる武漢の華南海鮮市場には行っていないといい、人から人感染だった可能性が高いだろうか。 新型であり詳細は不明なものの、野生動物などのコロナウイルスが人に感染したもののようであり、潜伏期間は1~2週間程度で死亡率、感染力ともにさほど高いものではないようである。 潜伏期間に入国した場合には空港などでの体温検疫はすり抜けてしまうことになるか。

 中国政府当局は情報開示が遅く且つ小出しであり、実態が不明な部分が多いのが懸念される。

 発生事態の状況が詳らかであれば、個々に注意もするし各々必要な対策も取れるわけであるが、中国当局の発表には疑問な所が多い。 中国国家衛生健康委員会の22日の会見では「患者数440人、死者9人」としているのだが、日本、韓国、台湾、タイでも感染者が見つかっている状況からすれば、ウイルスは武漢以外の各都市にも広がっており、罹患者数は少なくとも4桁の数字ではあろうか。

 事態を小さく、且つ事態は人民の健康を第一に考える高度な衛生技術を持つ当局によって完全にコントロールされているとしたいものなのであろう。 中国政府当局には人の健康・命よりも大切と考えるものがあるのであろう。 福島原発事故のさいに、当時の民主党政権の枝野某が「ただちに健康に影響はない」「(原発事故は)コントロールされている」と意味不明な会見をしていたものと同一のメンタリティであり興味深い。

 さて、こうなるとアルコール消毒の日々励行ということになるが、体内から消毒するのが最も効果的であるのは明白であるから、WA州産の13%ALC溶液一本の後に消毒効果の高いスコットランド産40%溶液を1~2杯で完璧だろうか。

-------------------------------------

CDC (The Centers for Disease Control and Prevention) 

 Wikipedia