Bandoalphaのらく書き帳

 おっさんのブツブツですぅ。 脱力系あるいはガッカリ系ブログとでも申しましょうか、その時その時の思いついた事の、テキト~なメモ書き、らく書きですぅ。       至らない点につきましては、ご指摘を戴ければ嬉しいです。 ただ、ご指摘を戴いても、進歩・学習する能力がねえ~                                                                Toshi Hino/桧野俊弘 Bandoalpha@msn.com                                                    

2011年11月

コショーです

空港に行ったらアトランタ迄のヒコーキが、「1時間ほど遅れる」と表示されていた。

乗り継ぎが間に合わないような気がして、デルタのカウンターに行ってみたら、ジャクソンとアトランタ間の1時間ほどの距離をピストン輸送しているCRJとか言う機体が、「コショーで、未だアトラントを出ていないの」と、大柄な女性がウインクする。
”何時になるかワカンネ~ヨ”と言うことだろう。

「大きいのに乗せてあげる」
と言って又ウインするので、どうせシアトルには戻れないから今晩どう?と、誘惑されるのかと一瞬緊張したが、そうではない。
DC-9のことであった。

そして、空港内で使えるのだと言う、7ドルの食券を2枚くれた。 会社の規定かなにかでこうなっているのであろう。

食券なんて何年ぶりだろうか? 嬉しくて嬉しくて、早速サンドイッチとジュースを贖って、ジャクソン空港で”ピクニック”した。

座席ピッチが国際線よりも広いクラシックなDC-9に乗って、やがて着いたアトランタでは、天ぷらうどんのようなものはないか?と一生懸命探したのだが見当たらないので、仕方なしにチャウメン喰った。

結局食券では間に合わないし、空港のメシというのはやはり”高くて不味い”ということか。

5ed2b815.jpg

エンジンはS-3バイキングと同じ。


6e26e218.jpg

ブロッコリ硬えしョ~。 隣のキャプテンのおっさんはフライドチキン美味そうに喰ってたなあ~。

食券の食事に文句をつけていたのではバチが当るというものか。
もう、このこころだね。


なんだかなあ

あれから何年が経つのだろうか。

三島由紀夫という高名な作家の奇妙な自決死であった。
70年安保というひとつの時代の変わり目に、体当たりして高名な作家が死んだ。
もったいない死であったが、三島は老醜を曝す事無く45歳の儘で、人々の心の中に永遠の命を刻まれている。

日本は一見豊かで金持ちの多い国になったが、精神的には怠惰であり、堕落したろうか。

腹切るなんて、出来ないからねえ~



◇◇◇
私は今後の日本にたいして希望をつなぐことができない。
このままいったら日本はなくなってしまうのではないか。

そのかわりに無機的な空っぽなニュートラルな
中間色の裕福な抜け目のない或る経済大国が
極東の一角に残るであろう。

ー三島 由紀夫ー

A380

シンガポール航空のA380。
大きな飛行機である。

シンガポール航空のA380も良いのだが、LAX経由でありNRT到着も遅い時間になるので成田で一泊することになる。
そうでなくとも短い滞在が更に圧縮され、1人2650円の会費で友人と立ち飲みで一杯やる時間が取れないのは痛いだろうか。

ロサンゼルス国際空港を離陸するところを、2階のエコノミー席から撮ってみた。

ちなみに使用カメラはオリンパス。

あまり弄ると色々なものが飛び出して来て、本体がバラバラになってしまうような感じがするのは、気のせいだろうか・・・


朝の新聞

787の脚が出なかったとかのニュースがあったが。(

手動で脚を下ろせたのであるし、例え出なくとも、先日のポーランドの76のように胴着出来るのであるから、別にどうという事も無い。(

「本日のワルシャワの天候は曇り。気温は摂氏XX度。現地の時間はX時X分になるところでございます。またの御搭乗を乗務員一同心よりお待ち申しております。 なお、本日は特別サービスとして脱出シュートを使用致しておりますので、お降りの際は足元にご注意くださいませ、」とか、やはりアナウンスするのだろうか。
脱出シュートを降りると、「XX様」と書いた紙を持ってる男がそこに立ってたりして。(

787は機種転換に意外と時間を要するのだとか。

ANAの最初の機種転換組は約5週間を要したとか。
ボーイングでは777からの転換の場合5日間、つまり一週間で可能というのだが。
最初であるし、大日本帝国の場合は監督官庁も煩いによる指導も細やかなのだろうし、どうしても長く時間をとるようになるのだろう。

徐々に短縮されるようになるのだろうが、それにしても若干予想よりも時間を要する機体というところだろうか。

787Training.jpg
ギャラリー
  • Daylight Saving Time ended
  • 日本チンボツニダ
  • Jアラートそしてミサイル防衛
  • Jアラートそしてミサイル防衛
  • Jアラートそしてミサイル防衛
  • 火星12再び日本上空へ向け発射
  • 火星12再び日本上空へ向け発射
  • 車輪の一歩
  • Enough is Enough
最新コメント
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計: