Bandoalphaのらく書き帳

吞み代の溜ってしまった日本を逃れ、今は向こう岸に潜むおっさんのブツブツですぅ。 思い付いた時に思いついた事などのテキト~なメモ書きでやんす。 Faith Hope & Love ! Toshi Hino/桧野俊弘 メールは:Bandoalpha@msn.com                                             

2013年11月

中国のADIZ設定

米国では中国の東支那海でのADIZ設定に関して、国務省と国防省の長官が夫々即座に声明を出している。

◇◇◇
Statement on the East China Sea Air Defense Identification Zone

Press Statement
John Kerry
Secretary of State
Washington, DC

November 23, 2013
--------------------------------------------------------------------------------

The United States is deeply concerned about China's announcement that they've established an "East China Sea Air Defense Identification Zone." This unilateral action constitutes an attempt to change the status quo in the East China Sea. Escalatory action will only increase tensions in the region and create risks of an incident.

Freedom of overflight and other internationally lawful uses of sea and airspace are essential to prosperity, stability, and security in the Pacific. We don't support efforts by any State to apply its ADIZ procedures to foreign aircraft not intending to enter its national airspace. The United States does not apply its ADIZ procedures to foreign aircraft not intending to enter U.S. national airspace. We urge China not to implement its threat to take action against aircraft that do not identify themselves or obey orders from Beijing.

We have urged China to exercise caution and restraint, and we are consulting with Japan and other affected parties, throughout the region. We remain steadfastly committed to our allies and partners, and hope to see a more collaborative and less confrontational future in the Pacific.

PRN: 2013/1469
http://www.state.gov/secretary/remarks/2013/11/218013.htm
◇◇◇
◇◇◇
Hagel Issues Statement on East China Sea Air Defense Identification Zone
American Forces Press Service

WASHINGTON, Nov. 23, 2013 – Defense Secretary Chuck Hagel issued the following statement today on China’s announcement that it is establishing an Air Defense Identification Zone in the East China Sea:

"The United States is deeply concerned by the People's Republic of China announcement today that it is establishing an air defense identification zone in the East China Sea. We view this development as a destabilizing attempt to alter the status quo in the region. This unilateral action increases the risk of misunderstanding and miscalculations.

"This announcement by the People's Republic of China will not in any way change how the United States conducts military operations in the region.

"The United States is conveying these concerns to China through diplomatic and military channels, and we are in close consultation with our allies and partners in the region, including Japan.

"We remain steadfast in our commitments to our allies and partners. The United States reaffirms its longstanding policy that Article V of the U.S.-Japan Mutual Defense Treaty applies to the Senkaku Islands."

http://www.defense.gov/news/newsarticle.aspx?id=121223
◇◇◇

普通であればADIZの設定はそれ自体が国際的な問題を惹き起こすものでもなく、寧ろ対領空侵犯措置が一元化・管理統制されることによって偶発的な武力衝突などが防止される効果も望めるだろうし、以前海南島空域で中国のF-8戦闘機が悪ふざけの末、米海軍のEP-3に空中接触したような偶発事故の防止効果も望めたりもするだろうが、今回の中国のADIZ設定は他国の領土である尖閣諸島空域を中国の管制下に置こうとするもので、徒に地域の緊張を煽り、偶発武力衝突の危険を高めるだけのものである。
非難されて当然であろう。

米軍は嘉手納などよりP-3哨戒機などで東支那海の哨戒飛行などを行なっているわけだが、今回の中国のADIZ設定に拘らず、国際空域では従来通りの要務飛行をすることは当然であろう。

日本は、外務省の局長が中国の公使に電話で厳重に抗議したという。

今回の中国のADIZ設定表明というのは、尖閣空域で要務飛行する海上保安庁をはじめとする日本の航空機に対して、中国が武力を行使してこれに危害を加える可能性があることを公言しているものである。

国が公務を命じた航空機乗員が命の危険に晒されるのである。

ことの重大さを考えれば、例え真夜中になっても、即座に程永華中国大使を外務省に呼び付けて、面と向かって厳重に抗議すべき事であろう。

電話というのは要件を伝えるものである。「本日重要な連絡があるので、大使は待機されるように」とか、「今即に外務省に出頭されたし」とかなら電話でよいだろうがねえ。

解っているのかねえ~

◇◇◇
日本政府が中国に厳重抗議 防空識別圏設定で 防衛相「大変危険な行為」
2013.11.24 00:58 [日中関係]

 外務省の伊原純一アジア大洋州局長は23日、中国の防空識別圏設定を受け、韓志強駐日公使に電話し「わが国固有の領土である尖閣諸島(沖縄県石垣市)の領空を含むもので、全く受け入れることはできない」と厳重抗議した。さらに「状況をエスカレートさせるもので、現場空域で不測の事態を招きかねない非常に危険なものだ」と批判した。

 また、小野寺五典防衛相は同日、防衛省内で岩崎茂統合幕僚長らと今後の対応について協議した。小野寺氏は協議後、記者団に「一方的な指定は大変危険な行為だ。警戒監視については従前にも増して、しっかりとした対応が必要だ」と語った。

http://sankei.jp.msn.com/politics/news/131124/plc13112401000003-n1.htm
◇◇◇

中国が東支那海にADIZ(防空識別圏)設定

中国が初めてのADIZ(Air Defence Identification Zone-防空識別圏)を、東支那海空域に設定したという。

◇◇◇中華人民共和国国防部東海防空識別区声明

Statement by the Government of the People's Republic of China on Establishing the East China Sea Air Defense Identification Zone

  Issued by the Ministry of National Defense on November 23

  The government of the People's Republic of China announces the establishment of the East China Sea Air Defense Identification Zone in accordance with the Law of the People's Republic of China on National Defense (March 14, 1997), the Law of the People's Republic of China on Civil Aviation (October 30, 1995) and the Basic Rules on Flight of the People's Republic of China (July 27, 2001).

  The zone includes the airspace within the area enclosed by China's outer limit of the territorial sea and the following six points: 33º11'N (North Latitude) and 121º47'E (East Longitude), 33º11'N and 125º00'E, 31º00'N and 128º20'E, 25º38'N and 125º00'E, 24º45'N and 123º00'E, 26º44'N and 120º58'E.

http://eng.mod.gov.cn/TopNews/2013-11/23/content_4476140.htm
◇◇◇

ChinaADIZ (453x640)

図の通り、中国が自国の領土だと主張する尖閣諸島空域を含むものである。

ADIZ自体は領空ではないが、ここを飛行するアン・ノウン機に対してはアラート待機させている戦闘機をスクランブル発進させるなどして目標のID(識別)行動をとり、領空を侵犯しそうであれば交信や射撃等で警告を発し、領空を侵犯する場合には、強制着陸や「撃墜」することも当然有得るわけである。

嘗てソ連領に進入した大韓航空の747が、ソ連空軍のSu-15に撃墜された事件など思い出す。

日本では空自のF-4EJが領空侵犯したソ連機に対して警告射撃を行ったことはあったそうだが、「撃墜」はさすがに未だないようである。

今後は、自衛隊機や海保、民間の日本の飛行機などがこのADIZに入れば、中国は戦闘機をスクランブルさせて「必要な行動を取る」こととなった。

尖閣諸島は日本領であるから、日本のADIZもそこにあり、尖閣上空の領空を侵犯する航空機があれば、那覇の空自戦闘機も必要な措置を取ることになっている。

今後は、尖閣上空で日中の空中戦が何時始まっても不思議ではない状態になった。

過去の事例からガンガン圧せば日本は必ず一歩譲歩するとでも思ってか、中国は強気であるし、日本も国家主権を捨てて引き退がるわけにもまさか行くまいし。
困ったね。


「東支那海ADIZ内では中国当局の指示に従わなければならない。」とはまた強気な。
指示に従わなかったり、確認協力を拒むような航空器には、「中国武装力量の防御性緊急処置を取る」のだという。
素直に解釈すれば今後は、戦闘に入る覚悟なしには、日本機は尖閣空域まで飛行は出来ないこととなるが。
◇◇◇
Announcement of the Aircraft Identification Rules for the East China Sea Air Defense Identification Zone of the P.R.C.

( Source: Xinhua ) 2013-November-23 10:00


  BEIJING, Nov. 23 (Xinhua) -- China's Ministry of National Defense issued an announcement of the aircraft identification rules for the East China Sea Air Defense Identification Zone of the People's Republic of China. Following is the full text:

  Announcement of the Aircraft Identification Rules for the East China Sea Air Defense Identification Zone of the People's Republic of China

  Issued by the Ministry of National Defense on November 23

  The Ministry of National Defense of the People's Republic of China, in accordance with the Statement by the Government of the People's Republic of China on Establishing the East China Sea Air Defense Identification Zone, now announces the Aircraft Identification Rules for the East China Sea Air Defense Identification Zone as follows:

  First, aircraft flying in the East China Sea Air Defense Identification Zone must abide by these rules.

  Second, aircraft flying in the East China Sea Air Defense Identification Zone must provide the following means of identification:

  1. Flight plan identification. Aircraft flying in the East China Sea Air Defense Identification Zone should report the flight plans to the Ministry of Foreign Affairs of the People's Republic of China or the Civil Aviation Administration of China.

  2. Radio identification. Aircraft flying in the East China Sea Air Defense Identification Zone must maintain the two-way radio communications, and respond in a timely and accurate manner to the identification inquiries from the administrative organ of the East China Sea Air Defense Identification Zone or the unit authorized by the organ.

  3. Transponder identification. Aircraft flying in the East China Sea Air Defense Identification Zone, if equipped with the secondary radar transponder, should keep the transponder working throughout the entire course.

  4. Logo identification. Aircraft flying in the East China Sea Air Defense Identification Zone must clearly mark their nationalities and the logo of their registration identification in accordance with related international treaties.

  Third, aircraft flying in the East China Sea Air Defense Identification Zone should follow the instructions of the administrative organ of the East China Sea Air Defense Identification Zone or the unit authorized by the organ. China's armed forces will adopt defensive emergency measures to respond to aircraft that do not cooperate in the identification or refuse to follow the instructions.

  Fourth, the Ministry of National Defense of the People's Republic of China is the administrative organ of the East China Sea Air Defense Identification Zone.

  Fifth, the Ministry of National Defense of the People's Republic of China is responsible for the explanation of these rules.

  Sixth, these rules will come into force at 10 a.m. November 23, 2013.

http://eng.mod.gov.cn/DefenseNews/2013-11/23/content_4476141.htm
◇◇◇

これで、表向きの日本政府の表明は兎も角として、海上保安庁や自衛隊の航空機などが尖閣空域への飛行を実質的に取り止めることとなれば、中国としては笑いが止まらないわけか。

”対話して尖閣は棚上げにするしかないではないか”、等紛争回避第一の”理性的な意見”というのも出て来ることだろうし、日本が譲歩してしまう可能性も過去の事例からすれば大いに有得るからねえ~。

今度はTu-154MD

11月16日、17日と2日連続で中国人民解放軍空軍のTu-154MDが南西空域に飛来していたという。

古いソ連製の旅客機Tu-154に、監視レーダや電波情報収集器材を塔載したELINT(Electronic Intelligence-電子情報戦)用の機体だという。

機体下面のカヌー状の大型レドームが目立つが、米空軍のE-8 JSTARSのそれとよく似た形状であり、E-8と同じような地表情報収集機能を持つ中国が開発したSAR(synthetic aperture radarー合成開口レーダ)を搭載しているものとみられている。

E-8 JSTARSのそれは124マイル以上の距離から地上走行中の目標車両を識別捕捉することが可能とされる長距離空対地高精度サイドルッキング・レーダ・システムだが、Tu-154MDのものがどの程度の精度を持つのかは不明。

中国が永年かけて開発に勤しんで来たのであり、2000年頃に機体に搭載が出来るようになった新しいレーダ・システムであるから、あまり馬鹿にも出来ないソコソコの性能は持つものであろうか。

塔載するELINT機材は、KZ800と呼ばれるもので収集電波帯は1.0~18.0Ghzのレーダ波などという記述も見られるが、日進月歩の電波の世界であるから、その改良発達型などを塔載してることだろうか。

ELINT機が飛来する目的は一般には、空自のレーダ・サイト(南混は沖永良部島、久米島、与座岳、宮古島)のレーダ波情報の収集、スクランブル対応状況やGCI要撃管制の地上と戦闘機との交信情報収集等々であろうが、それだけであれば他にもELINT機は中国にだってある。

わざわざ地表情報収集機能を持つTu-154MDを今回出して来たのは、自衛隊が11月1日から18日まで行っていた統合演習との関係が推測されようか。

今年度の陸海空自衛隊統合実働演習は”離島奪還作戦”だといい、南西諸島方面を舞台とし、沖縄、宮古、石垣などに地対艦ミサイル部隊、高射部隊、普通科部隊などが、海自輸送艦、民間フェリーなども使って本土より進出し、陸海空が連携しながら最終的に占拠された離島を実力で奪還するというシナリオのようである。

定例の年度演習であり特定の国家を対象としたものではないわけだが、対抗部隊の紅人民解放軍が尖閣を武力奪取の挙に出た場合の対応を部隊実働で演練したものであろう。

尖閣諸島であるが、中国大陸からは330km、沖縄那覇からは410km、石垣島からは170kmに位置する”絶海の孤島”みたいなところである。
一番大きな魚釣島でも4平方キロ弱の面積というから、有力な対空・対艦艇戦闘能力なども備えた、バランスのとれた大部隊の展開というのは無理であろう。
無人の諸島であり、展開した部隊の食糧や弾薬等の補給の全ても島外からの輸送だけが頼りとなる。

中国が尖閣を奪取しこれを維持しようとすれば、当該地域の制空・制海コントロールを確保することは必須になるわけで、相手妨害勢力が展開する南西諸島をも確保してしまうか、少なくともこれを無力化する必要が生じることになる。

防御側にとっても、南西諸島が無力化されてしまっては占拠された尖閣の奪還作戦などは成り立たないこととなる。

尖閣の領有を巡って日中が武力衝突する場合には、必然的に南西諸島域も戦場になるだろうし、寧ろそちらが主戦場になるとも言えようか。

中国が、過去一度も実行管理したことの無い尖閣諸島を、”歴史的に議論の余地の無い中国固有の領土”、”核心的利益”と主張するのもスゴイものだが、中国のコーストガードである海警の船舶を今や日常的に尖閣海域に派遣してプレゼンスを示しており、尖閣警備にあたる海保と対峙している。

中国の漁船などもおり、何時衝突が起きても不思議ではないわけで、その紛争惹起の”スイッチ”は中国が握っている。

偽装武装漁民や偽装武装民間人による尖閣上陸占拠等、いろいろな形での紛争行動が考えられようが、中国が尖閣確保の意図を放棄せず、日本政府がこれを黙認でもしない限りは、海警など中国公船の武器使用介入、そして結局は人民解放軍武力の実力行使に至るであろう。

中国にしてみれば、”核心的利益の固有の領土である釣魚諸島を、不埒にも小日本が不法占拠している”のであるから、明日にでも実力を行使してこれを”奪還”しても不思議ではないわけだが、現在のところは悲しい哉、人民解放軍には尖閣はじめ南西諸島域を完全にコントロール出来るほどの実力がまだ無い。

今は、尖閣は”棚上げ”として合意を迫り、日本政府に尖閣領土問題の存在を認めさせる段階の時ということなのだろう。

実力による尖閣奪取は将来、順調に人民解放軍の軍備増強が進み、日米同盟にもヒビが入って、「米国は他国の領土問題には介入しない」との基本姿勢を尖閣にも適用する姿勢になり、日本は真の独立を果たして沖縄をはじめ在日米軍はグアムなどに撤退、日本国内には中日平和友好を第一とし飽く迄話し合いによる紛争解決を、とする第二鳩山内閣のようなものが出てくる政治情勢になった時が、狙い目かな。

参考;
Tu-154M/D Sino Defence

統合幕僚監部報道発表

eb585b06.jpg


Tu-154MDは、登録記号B-4015、B-4024、B-4029、B-4138の4機の存在が確認されていた。
登録記号は民間機登録記号であり、塗装も民間機様である。 一定の欺瞞効果や、或いは情報活動なので人民解放軍の予算による運用でなく航空会社が運用しているものだろうか?
d44e75e1.jpg


3発エンジンで往年の727を思わせる機体である。 16、17日共に同じ機体のようだ。
4da0f42e.jpg


今年度の自衛隊実働演習では、88式地対艦誘導弾(SSM)の部隊が南西諸島に展開している。
実際に実働展開したのは、沖縄と宮古島であるが、石垣島にも展開の予定があったとかで、関連車両は同島にも展開していたようである。
88式SSMの射程は150~200Kmといわれるが、180kmほどで射程を描いてみるとこんな感じになる。
奄美大島は今回展開していないが、H23年度の演習では奄美に展開している。
中国人民解放軍海軍の北海艦隊および東海艦隊の艦艇は、著しく行動に制約を受けることとなる。
8eba5e0c.jpg


88式地対艦誘導弾は5個連隊(北千歳、美唄、上富良野、八戸、健軍)が編制されているという。
今回の統合演習では八戸の部隊が那覇に、上富良野の部隊が宮古島に展開している。

戦術単位は中隊で6連装の発射機4台から成るといい、連隊は4個中隊編制。他に富士教導団に1個中隊がある。
1個中隊で最大24発のSSMの一斉射が可能と言う事になるが、空母のような大型艦でも1発被弾したら相当な被害を受け、沈没は免れたとしても戦闘力を喪失して戦場離脱は避けられなくなるであろう。

日中間で尖閣を巡り本格的な武力紛争が生じた場合には、南西諸島に展開したこのようなSSMは、中国は何としてもこれを潰す必要が生じようがSAM等有力な高射部隊も伴っていれば、なかなか大変な仕事になるだろうか。
戦闘機と高射部隊の連携による日本の要撃能力(防空戦闘)は、世界の空軍でも第一級のものと言ってよい。

88式地対艦誘導弾は米ソ2極が対立していた冷戦時代に構想され開発された国産兵器であるが、現代でもなかなか有用なようで、中国に対しても高い抑止力効果が見られよう。

参考;
88式地対艦誘導弾」ーWiki
12式地対艦誘導弾」ー同

スーパー台風!

記録的な巨大台風(Haiyan・Yolanda・台風30号)が8日、フィリッピンのレイテ島を直撃したという。

死者は現在3千とも4千とも言い、被災町村の半分ほどとも未だに連絡すらつかない有様のようであり、最終的にどうゆう数字になるのか不明だが、未曾有の巨大災害ということだけは確かなようである。

数十万人が家屋を失い被災難民となったようだが、巨大台風の通ったあとは要は”全滅”状態ということのようである。

フィリッピンは未だ貧しい国であり、なかなか対応が大変なようである。

同国空軍なども日の出から日没まで、空軍輸送機の全力を投入して、緊急援助物資の現地搬入に務めているようだが、主力となるC-130はもともと動く機体は3機のみである。
毎日4~5ソーティー飛んでいるというが、たった3機では”焼け石に水”状態であろう。

この災害スケールはフィリッピン自国による対応キャパシティを超えていよう。国際援助の手が要る。

米軍は10日に普天間からKC-130Jを2機マニラ(Villamor PAFB マニラ国際空港の一角)に飛ばし、80名+の海兵隊先遣隊を進出させている。

その後海兵隊C-130は5機に増勢しMV-22オスプレイも4機進出させ、更に水曜にはMV-22をもう4機派遣して8機としている。
普天間からなので、マニラまでは1500Km程度だろうしMV-22にとって、ひと飛びの距離であろう。
MV-22は固定翼機の速度とヘリの利便さを両有した輸送機なので、今回のような状況では大いに活躍が期待されよう。

マニラからレイテ島タクロバンまでは600kmほどという。
セブ島(レイテから170Km程か)にもレイテ救援の拠点を設けているようで、マニラやセブから空輸作戦を行っているようである。

米軍は作戦名を「Operation DAMAYAN」と名付け、現地に進出した陸海空海兵の統合任務部隊JTF505を編成し、沖縄のWissler海兵隊中将を統合任務部隊指揮官としている。
Joint Task Force 505 is commanded by Marine Corps Lt. Gen. John E. Wissler, who is moving to the Philippines from his base in Okinawa, Japan. He will command all U.S. military disaster relief efforts in the region.

在地展開部隊は沖縄の海兵隊()が主力で、現時点で300名程だが来週には佐世保の揚陸艦2隻(USS Germantown and USS Ashland)で沖縄海兵隊31st MEU の900名と重施設器材を投入するという。
道路も分断されているといい、遠隔地へは海上からヘリや揚陸艇でアクセスするのは合理的で迅速であろう。
MV-22も更に8機進出させ倍増するという。

タクロバンの飛行場は岬のようなところにありエレベーション10ftといい、台風にやられ、滑走路は残っているものの、管制機能や照明設備などは全壊している。
昼間のみ、ターボプロップ機までとの運用制限であったが、やっと復旧し(米軍SFが復旧させたとか。AFSOCであろう)24時間運用出来る体制になったようである。

空路マニラやセブから救援物資を運び込み帰路には被災避難民を乗せて帰る、ピストン輸送のようである。
これから同空港は航空機の往来が急増するだろうが、大規模航空管制にも手馴れている米軍の支援は大きいことであろう。

世界各国から救援物資が送り込まれ始めているようだが、台湾空軍が火曜と水曜の両日に2機のC-130編隊をセブに派遣し救援物資を届けているのは、迅速であった。

香港に親善寄航していた空母USS Gorge Washingtonの艦隊は、“to make best speed”でレイテに向かえとの国防長官命令を受けて上陸中の乗員を非常呼集し直ちに出航、レイテ湾に現在進出して活動を開始たところである。

同空母の造水能力は一日当たり40万ガロンといい、さすがは原子力機関である。

進出中に余計な艦載機は厚木に送り甲板を広く使えるようにしたという。
同艦隊だけでも21機のヘリを有するというが、航空機整備と航空管制の高い機能を備えている巨艦であるから、各種ヘリやMV-22の海上活動拠点となるであろう。

手術などの医療設備も備えた戦闘艦隊であり、大型補給艦も進出しているのは聞くだけで頼もしい。
USNS Charles Drew (T-AKE-10)

The George Washington Strike Group (GWSG)
the George Washington Strike Group consists of Nimitz-class aircraft carrier USS George Washington (CVN 73), Ticonderoga-class guided-missile cruisers USS Cowpens (CG 63) and USS Antietam (CG 54), Arleigh Burke-class guided-missile destroyers USS Lassen (DDG 82) and USS Mustin (DDG 89), and Clark-class dry cargo ship USNS Charles Drew (T-AKE-10), Pathfinder class oceanographic survey ship USNS Bowditch (T-AGS 62), and submarine tender USS Emory S. Land (AS-39).

本国の大型病院船USNS Mercyにも出動準備命令が出されたと言う。
被災してからもう一週間であり、熱い地域であるから、防疫が上手く出来なければ、かなりな疫病の蔓延なども想定されるのだろうか。

レイテ島と聞けば、先の大戦で帝國陸海軍が「レイテ決戦」を行った古戦場であることを思い出す。

”栗田艦隊なぞの反転”ではないが、惨敗に終ったレイテ沖海戦は事実上帝國海軍最期の海戦であり、神風特別攻撃隊という航空特攻もこの時に発動されている。
制空海権も無いままにレイテの決戦場に兵力を投入した帝國陸軍にとっては、8万の兵(つわもの)の墓場と化したところである。

フィリッピンの戦闘では日本軍は首都マニラでも市街戦をやっており、現地住民には随分と迷惑をかけたことであろう。

朝鮮半島では地上戦は生じていないし、中国大陸での戦闘は、こちらが攻めれば相手が退く戦争で、日本軍が確保したのは”点と線”であり、都市部での大規模市街戦というのは生じていないし、第一貧乏な日本軍には米軍のように都市を丸ごと更地にするような強力な火力というものは無かった。

中国や韓国はまるで日本による大戦の被害を一身に受けたかのように、声だけは甚だ大きいのだが、本当に戦場となり被害を被ったのは寧ろフィリッピンであろう。

日本は先の大戦での周辺国への賠償責務は既に果たしたこととはいえ、フィリッピンの今回の大災害には出来る限りのことを援助すべきだろうし、自衛隊も過去最大規模での災害派遣を計画しているというのは、嬉しい(防衛省)。

「顔の見える人道支援」というものが、地域の安全保障にも大きく繋がるものであろうし、それはまた日本の安全保障にも直接に繋がるものであろう。

自衛隊主力部隊も一日でも早く”レイテの決戦場”に進出し、活躍されんことを。

以下DoD Photo;
10日夜半普天間からマニラに進出した海兵隊先遣隊。
c6379843.jpg


比AF隊員の誘導でスポット・イン。米比共同作戦。
ebc73dcc.jpg


マニラにおけるMV-22とKC-130J。
f7819075.jpg


艦載ヘリによるタクロバン飛行場への救援物資搬入。
f4d7bf23.jpg


MV-22による被災地避難民輸送の米比共同作戦。
3944674b.jpg


参考;
義援金; 「World Food Organization

Typhoon Haiyan」ーWikipedia

▼どうでもよい話だが、中国政府は「10万ドル」の支援金を申し出ていた。
他の各国の支援金はおろか、IKEA家具屋やコカコーラなど民間企業の援助金よりも遥かに少ない金額であり、中国共産党幹部の乗る防弾仕様公用車1台分にも満たない金額であろう。

中国と領土紛争を抱えるフィリッピンが、”貧乏小国”にも拘らず大胆に”大国中国”に楯突く姿勢に、今回の機会に”教訓を垂れた”可能性が高いが、逆に”世界第二の経済大国の対応として如何なものか?”と世界で話題になり、逆効果になるに及び慌てて物資援助など追加を表明する仕儀となっている。

中国のこのような価値観で、序列を決められ、新たな秩序というのを強要されるのでは周辺諸国は堪るまい。

China lags Ikea in aid to Philippines

China Gave Less Typhoon Aid Money to the Philippines Than IKEA Did

島倉千代子さん逝く

昭和という時代を代表する歌手の一人であろう、島倉千代子さんが亡くなられたとのニュース。

随分と子供の頃に歌を聴いた記憶があり、相当な御歳かと思ったが75歳というから、今の時代なら少々早すぎたろうか。

昭和がまたひとつ遠くなったようだ。

◇◇◇読売新聞ネット

島倉千代子さん死去…紅白歌合戦に35回出場

「東京だョおっ母さん」など数多くのヒット曲で知られ、「お千代さん」の愛称で親しまれた歌手の島倉千代子(しまくら・ちよこ)さんが8日午後0時30分、肝臓がんのため東京都内の病院で死去した。75歳だった。

 告別式は14日午後1時、東京都港区南青山2の33の20の青山葬儀所で。

 東京都生まれ。日本音楽高校在学中の1954年にコロムビア全国歌謡コンクールで優勝。翌年のデビュー曲「この世の花」がヒットして、一気にスター歌手となった。以後、「からたち日記」「恋しているんだもん」「人生いろいろ」など数多くのヒット曲を出した。

 NHK紅白歌合戦には、計35回出場した。東京・新宿コマ劇場での座長公演は72年以来、25年連続で行うなど、長く人気を保ち、99年には紫綬褒章を受けた。

 女優としても活躍し、59年の「からたち日記」をはじめ、数多くの映画に出演したほか、62年にはTBS系の連続ドラマ「あの橋の畔で」に主演した。

(2013年11月9日00時19分 読売新聞

◇◇◇http://www.yomiuri.co.jp/entertainment/news/20131108-OYT1T00916.htm?from=ylist

紅白には35回出場したというが、2回3回と歌っている曲もあるなかで、150万枚売れたという島倉さんの大ヒット曲「東京だョおっ母さん」だけは、一度も歌われることがなかったという。(Wiki

曲の詩で、1番の皇居二重橋や、3番の浅草観音様は良いとして、2番の歌詩には、先の大戦で護国の英霊となった兄さんに会いに母の手を引いて九段の森の靖国神社に参る情景が詠われているが、これが”問題”とされたようである。

◇◇◇
「東京だョおっ母さん」

作詩 野村俊夫
作曲 船村 徹

久し振りに 手を引いて
親子で歩ける 嬉しさに
小さい頃が 浮かんで来ますよ
おっ母さん
ここが ここが 二重橋
記念の写真を とりましょうね

やさしかった 兄さんが
田舎の話を 聞きたいと
桜の下で さぞかし待つだろ
おっ母さん
あれが あれが 九段坂
逢ったら泣くでしょ 兄さんも

さあさ着いた 着きました
達者で永生き するように
お参りしましょよ 観音様です
おっ母さん
ここが ここが 浅草よ
お祭みたいに 賑やかね

◇◇◇

この歌は1957年発表だそうだが、私が子供の頃にも、あの戦争で家族に戦死者を出した家庭などいくらでもあった。

隣家の星川さんは一人暮らしのお婆さんだったが、招き入れられてお菓子を食べさしてもらった記憶がある。
いまでこそ、やらしい面したクっサイおっさんなわけだが、オレだって子供の頃は、愛らしくぅ大変に可愛ゆかったのである。

島倉さん似のやさしい顔のお婆さんだったが、家具らしいものも無い慎ましやかな暮らしぶりで、仏壇に若い兵隊の写真があったのが記憶にある。

やがてお年を召されたのか、遠くの親戚に引き取られて寂しく去っていかれた。

後で知ったのだが、旦那さんは歩兵四連隊の軍曹だったそうで、ビルマで戦死されたのだという。

仙台歩兵四連隊はガダルカナルに投入されて全滅に近い損害を受け、更に終戦前にはビルマに投入されて再び全滅に近い損害を出している。
歴戦の星川軍曹も、ビルマの地で遂に武運が尽きたものだろうか。
新妻のことを思い、子供を残せなかったのがさぞ残念であったろうか。

「東京だョおっ母さん」の2番の歌詩を聞いて、今は靖国に祭られ英霊となった家族を思って感涙する人はいても、これを不快に思うような人は、当時世間には居なかったのではあるまいか?

歌謡曲という大衆芸能の世界であり、一般の人々が聞いて疑問に思ったり、抵抗を感じるようなものがあれば、これほど巷間に流れる歌とはならなかったであろう。

レコーディングでは勿論2番も歌っているので、歌手の島倉千代子さんがこれを忌み嫌ったというものでもない。

観音様というのも宗教施設だろうから、宗教を問題としたわけでもないようだ。

政府が検閲して削除するということもないだろうから、やはりNHKはじめ放送会社が、国難に殉じた者を英霊として国や国民が祭祀することを肯定するような2番の歌詩を問題視し、”ここを一般民草に聞かせるわけにはいかない”と独自に判断したのであろう。

Youtubeを見てみると、なるほど2番は歌わせなくした番組放送が多い。

歌は1番2番3番と続いてはじめて一つの完結した詩となっているのであるから、肝心の「真ん中抜き」というのでは、作詞者の意図したものとは違う作品になってしまうだろうし、聞いてみても、二重橋からいきなり観音様に着いてしまうのでは、”出発したと思ったらハイ終点です”というはとバスツアーみたいで、なにやら妙である。

2番を聞いて戦争はいけないと思う人はいても、”よおし中国と朝鮮半島攻めちゃうぞお!”という気になる人は居ないと思うが?

国民に聞かせるわけにはいかないとは、九段坂の桜も、ずいぶんと放送会社には嫌われたものである。

島倉千代子歌唱 2番が入るオリジナル歌詩のもの。
http://www.youtube.com/watch?v=ExHEpfaEvB8

以下は、”靖国抜き”

島倉千代子
http://www.youtube.com/watch?v=dSW6hwwfNLw

森昌子
http://www.youtube.com/watch?v=Uf8xwLTf5rw

石川さゆり&島倉千代子
http://www.youtube.com/watch?v=GisuVkqBD24

坂本冬美
http://www.youtube.com/watch?v=mr97lx6jW2g

英霊が命を賭した祖国がこれではなあ。
聞いたら泣くでしょ 兄さんも。

日本という国は病気ですぅ おっ母さん
http://www.youtube.com/watch?v=Yzi5d2pebEQ
ギャラリー
  • 山火事
  • TEST
  • TEST
  • Smooth Jazz
  • ビル爺さん
  • 離島防衛
最新コメント
記事検索
タグ絞り込み検索