Bandoalphaのらく書き帳

 おっさんのブツブツですぅ。 脱力系あるいはガッカリ系ブログとでも申しましょうか、その時その時の思いついた事の、テキト~なメモ書き、らく書きですぅ。       至らない点につきましては、ご指摘を戴ければ嬉しいです。 ただ、ご指摘を戴いても、進歩・学習する能力がねえ~                                                                Toshi Hino/桧野俊弘 Bandoalpha@msn.com                                                    

2015年03月

言葉あそび

国会での答弁で、安倍首相が自衛隊のことを「我が軍」と言ったというので、朝日新聞が問題視している。

◆◆◆引用:朝日新聞デジタル

(社説)「我が軍」発言 憲法軽視が目にあまる
2015年3月27日05時00分

 安倍首相が参院予算委員会で自衛隊を「我が軍」と呼んだことが波紋を広げている。

 自衛隊と他国軍との共同訓練について問われ、「『我が軍』の透明性を上げていくことにおいては、大きな成果を上げている」と答えた。

 これが批判されると、菅官房長官は記者会見で「自衛隊は我が国の防衛を主たる任務としている。このような組織を軍隊と呼ぶのであれば、自衛隊も軍隊の一つということだ」と述べ、首相発言を追認した。

 だが歴代政府は「自衛隊は、通常の観念で考えられる軍隊とは異なる」としてきており、憲法上、自衛隊は軍隊ではない。

 単なる呼び方の問題ではない。自衛隊の位置づけは憲法の根幹にかかわる。

 首相が国会で「我が軍」と言い、官房長官が修正もせずに首相をかばうのは、憲法の尊重・擁護義務を負う者としてふさわしい所作ではなかろう。憲法によって権力を縛る立憲主義の原理をないがしろにするものと言わざるをえない。

 たしかに国際的には自衛隊は軍隊の扱いを受けている。だがそれは自衛隊員が国際法上の保護を受けるためだ。他国軍との共同訓練に関する答弁だったとはいえ、国会では自衛隊と呼ぶのが当然ではないか。

 憲法解釈変更による集団的自衛権の行使容認をはじめ、一連の安保法制の議論を通じて、安倍政権には憲法軽視の姿勢が際立っている。

 日本の安保政策は、憲法との整合性を慎重に考えながら組み立てられてきた。9条で「陸海空軍その他の戦力は、これを保持しない」としつつ、自衛隊が合憲とされるのは「自衛のための必要最小限度の実力は認められる」と解釈したからだ。

 1967年に佐藤栄作首相が「自衛隊を、今後とも軍隊と呼称することはいたしません。はっきり申しておきます」と答弁した基本原則は、簡単に覆せるものではない。

 内閣府の最新の調査では自衛隊に「良い印象」と答えた人が92・2%と過去最高になった。東日本大震災で黙々と作業に励む隊員たちの姿は、国民の目に焼き付いている。あえて軍と呼ばず、抑制的な姿勢に徹してきた自衛隊への評価の到達点ではないか。

 持てる力をむやみに振り回さず、海外の紛争と一定の距離をとってきたからこそ、得てきた信頼がある。その確かな歩みの延長線上に、国民や国際社会の幅広い理解を得られる活動のあり方を描くべきだ。


◆◆◆引用終わり。

日本国憲法()は、戦争の放棄と戦力の不保持を謳った「平和憲法」とたしか学校で教わったろうか。

第九条  日本国民は、正義と秩序を基調とする国際平和を誠実に希求し、国権の発動たる戦争と、武力による威嚇又は武力の行使は、国際紛争を解決する手段としては、永久にこれを放棄する。
○2  前項の目的を達するため、陸海空軍その他の戦力は、これを保持しない。国の交戦権は、これを認めない。


国家としての交戦権を認めず、国際紛争での武力の行使を放棄し、陸海空軍その他の戦力を持たないのであるから、もう日本は永久に戦争することの無い平和な国になったのである。

しかしまてよ。

日本が戦争を放棄しても、外国が戦争を放棄したわけでなし。

日本国民は、「正義と秩序を基調とする国際平和を誠実に希求」するとしても、国際社会の、とくに周辺国も日本と同じ正義と秩序を基調として平和を同じく誠実に希求するという保障もあるわけでなし。

武力を行使して自国の権利を拡大・確保しようとする国際紛争(戦争)など、古今東西いくらでもあったし、現在もあり、この先も起こり得るのは容易に想像がつく。
日本が巻き込まれないとする保障などどこにも無いこと。

日本が戦争を放棄しても、戦争は日本を放棄してはくれないのではあるまいか?

日本とは異なる正義と秩序を”誠実に希求する”外国が、日本の領土などを侵略奪取しようとする場合やそうゆう事態への備えなどについては、日本国憲法は何も謳っていない。

外国から侵略を受けた場合は無抵抗で早速降伏して服従するとか、或いは一億死んだふりをして危険の去るのを待つのだとかも考えられようが、それでは最早国家足り得ないだろうから、いくら英文和訳の憲法とはいえ、自然権としての国家の自衛権までも否定したものではあるまい、という言わば条文行間の空所を読む解釈で、日本は「自衛隊」と称する武装組織を保持してきている。

外国の侵略から自国を防衛するための国家の武装組織を普通には「軍」あるいは「軍隊」と呼ぶであろう。

国によっては単に「ARMY」「NAVY」等でなく特別な名称を付けているところもあるようで、イスラエルなどは「Defense Forces(国防軍)」といい、英国なども「Royal Navy(王立海軍)」などと言ったりし、中国は「人民解放軍」と自称しているし、北朝鮮は「人民軍」と称する。日本は勿論「自衛隊(英語名はSelf-Defense Forces)」。

夫々”我が軍は、他国のいわゆる一般的な軍隊とは違うものである”のを強調しての名称であろうが、呼び名が違ったところでいずれも「軍隊」であることに違いはない。

そういえば日本軍は嘗ては「皇軍」などと称した。
他国のいわゆる軍隊とは違い、現人神である万世一系の天皇が統帥し賜う軍隊であり、八紘一宇、必勝不敗の皇軍であるからl降伏ということは有得ないと社会に喧伝され、為に先の大戦ではどれだけ多くの兵が無益に命を捨てたことだろうか。

実体を逸らし糊塗するような言葉の遊びに走るのは、時に罪作りであり危険ですらあろうか。

当たり前の話であり、馬鹿馬鹿しい話とでも思ってか、他所では”波紋”はあまり見ないようだが、朝日新聞は実体を見ずに言葉の表現にばかり拘って、「馬」を飽く迄「鹿」と呼ばせることで良しとするような姿勢であってはなるまい。

国民一人ひとりの生存に係る国家の安全保障に関しては、誤解や勝手な解釈を生まない明確な記述が憲法にあって然るべきであろう。

現行憲法に言葉の足りないところや誤解を生み易いような表現のところがあるのであれば、これを改正することを社会に提言してこそ、オピニオンリーダーたる全国紙新聞の社説というものではあるまいか。

自衛隊を軍と呼んだから大騒ぎしようなどという社説を書くようでは、現実軽視が目にあまる。



ゆっくり眠れ平八郎

「ヘイハチ」こと、檜野平八郎永眠す。

もともと内臓疾患を抱えていたので、そう長い先では無いとは思っていたのだが。

19日木曜夜半に「具合が悪いニャ」と俺の部屋に来様子が変だと気付いた。

声を掛け背中を摩ってやったりしたのだが、その後は自分でトイレに行きソファーの自分の定位置に登って横になっていた。

「どうも危ないな」と思い時折様子を眺めていたのだが、横になって眠りについた侭で遂に永眠した。

最期に顔を拭いてやったのだが死は突然来たようで苦しむ様子も無かったのは幸い。 時に2015年3月19日11時50分頃。享年11歳くらい。

生物である以上死はいずれ誰にも訪れるものであり、永い歴史の視点よりすれば一生などはほんの一瞬であり、線香花火のような時間の生を皆過している。

輪廻というものがあるのであれば、百万年後にでもまた何処かで一緒になり暮らすこともあるであろう。

それまでゆっくり眠れ平八郎。

猫と言うものは魚が大好物なものと思っていたが、アメリカの猫は魚より肉が好きなようで、ヘイハチも肉好きな奴でサーモンだと「なんだ魚か」という顔をする。
ステーキでもチキンでももっと好きなだけ喰わしてやればよかった。

今度会う時にはステーキの大きいほうの切れ端をおまえにやるからな。


志は高く、熱く燃えているのか

田母神氏は、同氏の政治団体への寄付金などの資金を私的に使い込んだとして、会計責任者を警視庁に告訴したという。

◆◆◆引用読売新聞オンライン◆◆◆
田母神氏、自分の政治団体会計責任者の告訴状

元航空幕僚長の田母神俊雄氏(66)が代表を務める政治団体「田母神としおの会」の会計責任者が同会の政治資金少なくとも3000万円を流用したとされる問題で、田母神氏が業務上横領容疑で、この会計責任者の告訴状を警視庁に送ったことがわかった。
同会関係者によると、告訴状は10日に郵送したという。


2015年03月11日 14時24分
http://www.yomiuri.co.jp/national/20150311-OYT1T50023.html
◆◆◆

元航空幕僚長の田母神氏のところには、昨年の都知事選の時には1億2千万、衆院選までに更に1千200万とも2千万ともいわれる寄付金が集まっていたといい、会計を担当していたのをよいことに、これらの政治資金を赤坂の韓国クラブなどで遊興に私消しウハウハしていたなどは言語同断、多数の寄付者の真正保守政治改革への思いを踏み躙るものであるから、刑事罰を追求するのは当然として、会の寄付金の使途については、疑惑が持たれている。

会計責任者の鈴木某が3~4千万をポッケしたとしても、1億円ほどが1年間で使われていたことになり、2回の選挙に金はかかるとはしても、一体何に1億円も使われたものなのか?

政党や組合などの支持母体を持たず、都知事選を個人ベースで闘った田母神氏は、「田母神ガールズ」ではないが多くの若いボアンティアに支えられて、あまり金のかからない所謂クリーンな選挙をやったような印象があり、其の点好感を持っていたのだが?

「田母神としおの会」の団体事務運営にはボランティアもいるそうだが、島本事務局長や鈴木会計責任者などはボランティアではなく、会より給与を貰っていたものであろう。

其界の経験も能力もあるそれなりの人物であれば、それなりの高給を支払うのは必要としても、閣下はじめ会の幹部にあまりに高額な、社会常識から乖離したような待遇があるような場合には、寄付した支持者は納得出来ないだろうし、是正する必要が生じよう。

寄付金が潤沢であったので、”余った分を仲間内で分けた”等という、週刊誌記事のようなことがあったとしたら、論外である。

田母神氏は政治活動を始めてまだ日が浅く、今であれば、政治団体の運営に少々の間違いがあったとしても、これを是正して立ち直り前進することも出来よう。

「会計責任者を告訴しましたので、この件はお終い」と糊塗するのでなく、少々痛くとも、この際会の出納・使途を明らかにし、改めるものは是正して、一般の理解と支持を得なければ、普通の人は寄付や支援は今後出来ないだろうし、この先政治活動は難しくなり”尻すぼみ”に終って仕舞うことだろうか。

田母神俊雄公式ブログ 志は高く、熱く燃える」と称するサイトにはコメント欄があったので、田母神閣下あて「意見具申」を投稿したのだが、表示されず「没」処分にされたようである。

◇◇◇12日投稿没コメント
「日本を取戻す」まえに、盗られた金と失った自分の信用を取戻さねばならないとは、大変遺憾なことです。

疑問を持たれている「田母神としおの会」の寄付金収入等の使途については、その出納記録を公開して、出費の使途と横領の事実を明らかにする必要があります。
収支記録を秘とする理由など何も無いわけですし、出納記録を公にして明確に説明することは、「政治活動に使ってくれ」と浄財を御寄付された支援者の皆様と日本の社会への、政治を志す者としての責務です。

自ら疑問に対してキチンと説明する至誠を示すことが出来なければ、今後の政治活動は難しいことでしょう。
おっさん

◇◇◇

単なる記入手順等の問題なのかな?とも思い、再度、今度は「別の見方」のコメントを投稿してみたのだが、嬉しかったのだろうか?週末にも拘らずこちらは早々に表示されているので、田母神氏サイドの選別規準により最初の投稿コメントは危険性があると嫌われ、排除されたものであろう。

◇◇◇2番目投稿コメント(53番)
前進前進
会計責任者を業務上横領で警視庁に告訴したそうですから、あとはこの件は警察の捜査に任せる以外ありませんね。
田母神さんは前を向いて、来るべき参院選に備え、支援者も更に一致団結して日本再生に前進あるのみです。
東北人

◇◇◇

本人のブログであるから、自身の判断で問題と考える耳障りなコメントを削除するのも自由だろうが、本義を忘れ、こんな検閲まがいのことばかりに熱心というのでは、何だか、なさけないねえ~

「本来の日本を取り戻す」とは、一体どうゆう日本にしようと考えているものなのか・・・

この人も、「一皮剝けば、ガッカリ系だった」というところだろうか。


田母神としおの会

昨年の都知事選そして衆院選と、立て続けに立候補し、立て続けに落選していた元航空幕僚長の田母神氏だが、同氏の政治団体「田母神としおの会」で、会計責任者に多額の横領をされたのだと言う。

田母神氏は、空自での職種は高射であったという。

要撃戦闘機が迎撃に失敗して侵入してくる敵機を、対空ミサイルなどで迎撃・撃墜するのが高射職種である。
日本の国防の為に手となり足となり、最後は首になったものの、元航空幕僚長であり、類稀な安全保障・防衛問題の専門家であるが、自分の懐中には自衛の術もなく侵入を許してしまったものだろうか。

田母神氏の説明記者会見では、寄付金などが都知事選の時点で1億2千万あり、衆院選時の寄付金が更に1千2百万、党からの交付金300万の合計1億3千5百万あったものが、現在はスッカラカンで、衆院選費用の請求分などは田母神氏が個人的に支払っている状態なのだという。(2月19日記者会見Youtube-自身は被害者なのだろうから、もっと毅然と姿勢も真直ぐに正して応対したほうが印象が良いと思うが、どうも体が右に傾き過ぎだろうか)

横領された金額は、田母神氏は「3~4千万、少なくとも3千万以上」と言い、司会者(犬伏秀一氏)は「3千万」と言う。

一千万単位で括った口頭説明というのでは、都知事選や衆院選の選挙費用など何に幾ら使い、幾ら盗られたのかもはっきりしない。

寄付による政治資金を私的流用していた会計責任者は、都知事選(2/9投票)直後から衆院選(12/14投票)前までの間に、遊興や生活費に使ったのだと言うが、10ヶ月程度の期間であるから3千万横領したとしても月に300万は使う必要がある。

赤坂の「クラブ」といわれる女性が接待してくれる店に出入りしていたというが、最も使った店で月100万程度という司会者犬伏氏の説明であるから、アチコチ高級クラブに連日通わないことには目標額達成は難しそうだ。

寄付金というものであるが、「寄付して貰った以上俺の金だ」という考えもあるのかも知れないが、政治活動に使ってくれということで皆が寄付した言わば公金であり、寄付者に対しては寄付金の使途についての説明の責があるものであろう。

寄付金の収支出納というのは何も秘密にする部分はないだろうし、公開されていて然るべきものであろう。

現金での寄付などがあれば、これを横領された場合は全く完全犯罪になってしまうが、日々の収支が公開されていれば寄付者は寄付金処理の有無の確認が出来ることになる。

支出についても疑問符のつくような奇妙なものがあれば、指摘がされるだろう。

管理だ監査だと難しいことを言わずとも、収支が公開されていれば寄付者はじめ一般社会が監視してくれるだろうし、月に一度銀行から口座残高の通知を受けるようにして帳簿残高との確認さえしていれば済むことである。

週刊誌などでは、「島本200万、鈴木50万、水島400万、閣下1400万」?などという現金山分けリストが報道されたりもしているという。
田母神閣下は老いらくの恋は良いとして、結果、前妻との離婚訴訟を抱えているとかで、前妻家族への仕送りも寄付金からとの週刊誌報道もあるとか。(週間文春3月5日?記事

不明朗な金銭や異性関係などが週刊誌などで暴露され問題にされるのは知事や国会議員であるが、当選もしないうちから問題になるというのも珍しい。

田母神閣下は、「日本を取り戻す」前に、盗られた金と失った自分の信用を取り戻す必要があるようだ。

「田母神としおの会」(前「東京を守り育てる東京都民の会」より改称)
会長: 田母神俊雄
事務局長: 島本順光
秘書: 石井義哲 (記者会見の説明では秘書は設けていないという。顧問格?)
会計責任者: 鈴木新
いずれも元航空自衛官だという。

出版記念パーティでのお歴々。(Youtube

田母神俊雄公式ホームページ

田母神俊雄公式ブログ 志は高く、熱く燃える


春の宵

春の宵は、窓外の満開の花を愛でながら一杯やるに限る。

「お湯割りのウヰスキー」というのも、寒さを感じないようになっては、もうそろそろお終いだろうか。

「Ariana」いいね!
20歳程度のタレントといっても、10年+の芸暦が平気であったりするから侮れない。
「見た目可愛い」とか「歌がチョッと上手い」程度は幾らでも居るので、実力が無いと相手にされないところがあるだろうか。


大学院課程(修士・博士)の外国人米留者の過半数が米国に留まってしまうのだとか聞くが、この国は「頭が良い」のとか「タレントがある」のは幾らでも居る。
そうゆう人間が世界中から集まってしまうようである。
所謂「底辺の人間」と言うのもまた日本とは違い、凄いw。
日本には日本の良さもあるし。

で、酔えば八代亜紀だね

ギャラリー
  • Daylight Saving Time ended
  • 日本チンボツニダ
  • Jアラートそしてミサイル防衛
  • Jアラートそしてミサイル防衛
  • Jアラートそしてミサイル防衛
  • 火星12再び日本上空へ向け発射
  • 火星12再び日本上空へ向け発射
  • 車輪の一歩
  • Enough is Enough
最新コメント
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計: