小輩としては、「シャンソン」よりは「浪花節」であり、「アズナヴール」より「三波春夫」や「村田英雄」或いは「一節太郎」というところなのだが、今朝ネットで日本のニュースを眺めていたら「アズナヴール」の文字が目に入った。

 「シャルル・アズナヴール」もとうとう亡くなったのか?と思ったらそうではない。日本公演のために来日したとの記事であった。

 1924年5月生まれだというから、満92歳!! シャンソン歌手おそるべし!

 70年代はじめころ仙台公演のことなどチョッと思い出す。
勿論チケットを買う金など無く東北放送の雑用学生バイトでステージの袖から眺めていたのだが、若い頃のアズナヴ-ルというのはマアあまり好きではなかった。

 思えば小輩もあの頃は、「若くて、バカ」であった。
 あれから幾十年という歳月の人生を過ぎ、今ではもう一つしか残ってないのが哀しい(苦笑)。

 この人は歳を取ってからのほうが上手になっているようである。
音楽の技巧の上達でなく、重ねて来た人生の年輪が歌に映っているものなのであろう。

 苦労を重ねて来たろうからなァ、酒と女には。

 Youtubeに80歳の時のパリでの公演のものがあった。


Charles Azunavour Concert au Palais des congrès de paris 2004
When he was 80 !
Magnifique Charles Aznavour ‼