Bandoalphaのらく書き帳

吞み代の溜ってしまった日本を逃れ、今は向こう岸に潜むおっさんのブツブツですぅ。 思い付いた時に思いついた事などのテキト~なメモ書きでやんす。 Faith Hope & Love ! Toshi Hino/桧野俊弘 メールは:Bandoalpha@msn.com                                             

蓮舫民進党代表にみる重国籍問題

二重国籍ー3

蓮舫議員の二重国籍問題について、いわば”火付け役”となったインタビュー記事をものにした産経新聞は、続いてより詳細な記事を書いており、内容はなかなか興味深い。

◆◆◆引用;産経ニュース

【民進党代表選】蓮舫氏の“国籍問題”で新たな問題か?日本の政治家として資質に疑問

民進党代表選(15日投開票)で深刻な問題が浮上している。出馬した蓮舫代表代行に、日本国籍と台湾籍とのいわゆる「二重国籍」でないかとの指摘があり、その疑問が完全に解消されないのだ。蓮舫氏は「台湾籍は抜いた」と説明しているが、その時期は不明確。首相を目指す政治家にとって、国籍は単なる個人の問題でなく、国家公務員を指揮する立場として資質の根幹に関わるだけに、明確な説明責任が求められる。

 蓮舫氏は3日の読売テレビ番組で、「生まれたときから日本人」「高校3年、18歳で日本人を選んだ」などと説明。ただ、台湾からの除籍時期は言及しなかった。1日の産経新聞のインタビューでは「『帰化』ではなく、日本国籍の取得だ」とも述べている。

 蓮舫氏は父親が台湾出身で母親は日本人。昭和47年の日中国交正常化により、日本政府は台湾当局が名乗る「中華民国政府」を承認していないため、台湾籍の保持者は便宜上「中国籍」として扱われる。

 日本は59年に国籍法を改正する前は、父親が日本人でなければ、子供は自動的には日本国籍を取得できなかった。蓮舫氏は、改正前の42年生まれのため、自動的に日本国籍保持者とはならず、「中国籍」扱いの台湾籍保持者だったとみられる。

 一方、公職選挙法では、国会議員に立候補する条件を「日本国民であること」と定義。選挙管理委員会へ届け出る際には戸籍抄本または謄本を提出する必要があるため、国会議員である蓮舫氏が日本人であることは疑いの余地がない。

 問題は蓮舫氏が、台湾籍を放棄した時期だ。蓮舫氏が18歳で「日本人を選んだ」のであれば、当時の日本国籍取得の方法は帰化と届け出の2種類ある。帰化なら国籍法で元の国籍を「失うべきこと」と規定しており、申請には台湾籍の喪失届を出す必要がある。

 届け出で未成年の場合は、22歳の前日までに日本国籍か外国籍かを選び、日本を選んだ際には、国籍法16条により外国籍を離脱しなければならないとされる。いずれの場合も、日本政府は必要な書類を「個別の事情で判断」(法務省民事1課)するという。このため、元の国籍を放棄していないまま日本国籍を取得するケースがあるという。

 一方、台湾の「国籍法」11条は、自己の意思により「国籍」を喪失できる条件を「満20歳」と規定しており、「未成年者」が「国籍」を喪失するのは、保護者である父親が「国籍」を喪失した場合などに限られる。つまり、蓮舫氏は18歳で日本国籍を取得した時点では、台湾籍を残したままだった可能性がある。

 蓮舫氏の事務所は5日夜、台湾籍を抜いた時期について、産経新聞の取材に「現在確認中」と答えた。

 蓮舫氏は「ガラスの天井を破る」として、女性初の首相を目指している。「国籍単一」の原則を持つ国のトップとして、外国籍を持つか否かは根源的な資質の問題だ。

http://www.sankei.com/politics/news/160905/plt1609050034-n1.html
◆◆◆

昭和57年(1982年)の国籍法改正以前では、父親が日本国籍であった場合のみ子は自動的に日本国籍を取得だったというから、1967年生まれという蓮舫議員がTV番組で答えていた「私は生まれたときから日本人です」ということは有得ないこととなる。

日本政府は台湾の「中華民国」というのは国家として認めていないので、台湾人の場合は便宜上「中国籍」扱いになるというのも面白い。
台湾人のパスポートは「中華民国」となっており、支那大陸のほうは「中華人民共和国」パスポートであるが、入管も「中華民国」という字は見ないことにしているのだろう。

産経は台湾サイドの国籍喪失手続きについても取材しているのはさすがである。

台湾「中華民国」の国籍喪失は本人が満20歳以上が原則というから、蓮舫議員は(台湾)籍抜いてますとは、いったい何時て”中国”を抜いたのだろうか?

蓮舫議員の事務所は産経新聞の取材に対し、「現在確認中」とのことだそうだから回答を待つほかないようだ。

議員事務所等への問い合わせというのも、俺のような一民草では相手にもされないので、やはり全国紙などの大手新聞記者の腕のみせどころであろう。

真実は何なのか?興味深くなってきたが、現在のところ蓮舫議員の言っていることは辻褄が合わず、「胡散臭い」と言わざるを得ない。

国家の将来を論じる政治家で国会議員なのであるから、国籍や法令順守ということが重要なことは言うまでもないが、蓮舫議員はご自身の問題であるのだから、しっかり仕分けして、明確な証拠を国民に早く開示せねばなるまい。


二重国籍ー2

参議院議員である蓮舫先生はTV番組において二重国籍疑惑について今度は、”キッパリ”と否定している。

◆◆◆引用
蓮舫氏が二重国籍疑惑を真っ向否定「噂が流布され悲しい」

3日放送の「ウェークアップ!ぷらす」(日本テレビ系)で、民進党代表代行の蓮舫氏が、自身の二重国籍疑惑について「悲しい」と述べ、真っ向否定する一幕があった。

番組では「民進党代表選きのう告示 候補者3人が生激戦」と題し、蓮舫氏と民進党の元外相・前原誠司氏、国対副委員長・玉木雄一郎氏がスタジオに登場していた。

司会の辛坊治郎氏は早速蓮舫氏に「結論によってはどうでもいい話だと思うんですが、一応、蓮舫さん伺っておきます」と話題を向ける。そして「二重国籍で台湾籍をお持ちなんじゃないかっていう話があります、これについては?」と、切り込んだ。蓮舫氏については、一部メディアやネット上において、二重国籍疑惑が取り沙汰されていた。

蓮舫氏は苦笑いしつつ、「今そういう噂が流布されるのは、本当に正直悲しんです」と語り出す。そして「国連の男女差別撤廃条約を、日本が批准をして、唯一改正をしたのが…」と続けていた。

ここで辛坊氏が割って入り、「いやもう、一言なんです!一言『違う』というならそれだけの話ですから」とコメント。すると蓮舫氏は「私は生まれたときから日本人です」と明言し、「(台湾)籍抜いてます」「高校3年の18歳で日本人を選びましたので」と説明した。

辛坊氏は「わかりました」と返し、「これに関してはデマだということは、お伝えしておきたいと思います」と話題を締めくくった。


http://news.livedoor.com/article/detail/11970538/
◆◆◆

蓮舫先生は父君が台湾・中華民国人だそうだから、「生まれた時から」は「中華民国籍」をお持ちのはず。
国籍法により22歳に達するまでにいずれかの国籍を選択しなければならないわけだが、高校3年の18歳のときに日本国籍を選択したということであろう。

日本の国籍を選択したさいには、外国の国籍を放棄する旨の国籍選択の宣言をすることとなっているわけだが、その後に台湾・中華民国籍の放棄手続きを実際キチンと行っていたのか?に疑惑が生じているわけである。

高校3年の18歳の時というから、台湾・中華民国籍放棄の手続きは親が行っていたことだろうか?

立法府である国会の議員職も長く有権者の一定の信頼も得ているのだろうし、国務大臣も務め、時勢至らば日本国首相になる可能性がある野党第一党の党首にならんとする人物が法令に反するような虚偽を行うわけはないであろうが、人間である以上”勘違いや間違い”というのは誰しもあり得ることだし、代議士先生と秘書ではないが本人と実際の手続きを行った者とのコミュニケーションの齟齬というのも有得よう。

18歳は大分昔のことだろうし本人は「籍抜いてます」の筈と思っていても、実際どうなのか?
折角の機会なのだから今一度事実確認するのも蓮舫先生自身にとっても悪くはないであろう。

確実な証拠を示したうえで、疑惑を否定するなりの議論を進めるのが民主主義の基本というものであろう。

これが一般民草レベルであれば、日本国籍以外に外国籍を持っていようがいまいが、それで何ら社会的影響が生じるわけでなし、ど~でもいい話なのだが。

個人的には多重国籍保有を日本も認めるようにして欲しいと思っている。

永住権だけでも普段の生活には何ら問題は無いのだが、最近はテロの時代であり米国以外の外国籍だとチョットした時に手続きが面倒だったりもする。

米国籍を取ろうかとも思っているのだが、シアトルの日本領事館などに行くと”米国籍取得のさいは日本国籍放棄の手続きを云々”などとポスターが出てたりし、”黙っていれば判らない”というのもチョット抵抗あるし、日本国籍を捨ててアメリカ人になってしまうというのも考えてしまう。
鏡を見ると、どう見ても東北の臭っさいオッサンだしなあ~

”国籍法なんて、いちお~あるだけで今ぢゃ死法ですよ、法規なんて誰も守っちゃいませんぜ。日本は多重国籍容認にもうなってますぜ”ということであれば、「滄浪の水濁らば、以て足を濯うべし」で俺もそのようにするのだが・・・



9月5日
日出; 0633
日没; 1940

二重国籍

9月に入るなり雨が降り出しチョット肌寒い。

Labor Day(勤労感謝の日ー9月の第一月曜日)を界に夏が終わり秋に入るという例年通りのことなのだが、季節というのは正直なものである。

産経のニュースサイトを眺めていたら民進党の代表選に立候補したという蓮舫現代表代行へのインタビュー記事があったが、この蓮舫女史というのは台湾人の父と日本人の母とのハーフだそうで、TVタレント業などを経て政治屋になったのだという。

いわゆるタレント議員なわけだが、国会議員になるに当っては必須要件である「日本国籍」を取得しているのだが、台湾の「中華民国籍」も放棄せずに所持している侭である疑惑があるようだ。

◆◆◆産経ニュース;「蓮舫代表代行インタビュー」より以下引用◆◆◆

--出身の台湾と日本との「二重国籍」でないかとの報道がある。帰化していると思うが…

 「帰化じゃなくて国籍取得です」

--過去の国籍を放棄し忘れているのではないかという指摘だ

 「ごめんなさい、それ分かんない。それを読んでいないから」

--国籍法が改正されて、22歳までは日本国籍があるけども、そこで選択を迫られ、残った国籍は速やかに放棄しなければいけないという規定がある。それをしているかどうかという記事が出ている。首相を目指すのであれば、仮に台湾籍があるならば、ネックになると思うが

 「質問の意味が分からないけど、私は日本人です」

--台湾籍はないということでいいのか

 「すいません、質問の意味が分かりません」

http://www.sankei.com/politics/news/160902/plt1609020012-n5.html
◆◆◆

少し国籍ということに関して興味を持つ者ならば、日本は二重国籍を認めておらず、「日本国籍を取るか外国籍を取るか」の二者択一であることは誰でも知っている。

根拠は「国籍法」なわけだが、日本国籍を取得する(帰化)ということは、外国籍を放棄するという条件でのことになる。

ただ、外国の戸籍等の状態にまで踏み込んで日本政府が当人の国籍の状態を確認することは出来ないので、当人の「選択の宣言」で済ましているようであるから、意図的に外国籍放棄の手続きを怠れば、二重国籍でいることが可能である。
「黙っていればわからない」ということで、二重国籍の者も実際いるようである。

産経ニュースのインタビューの受け答えが事実の通りであれば、この蓮舫女史というのは台湾・中華民国籍と日本国籍との二重国籍者であることになろう。

蓮舫女史というのは前政権時には国務大臣も務めていたように思うが、国会議員でありながら明らかに法令に違反している侭というのは、主権者である国民を愚弄(バカ)にしていよう。

今でこそバアサンだが、昔はスタイルが良くてかわゆかったのだろうし洒落たドレス着て口もたつし、何をしても許せるような気もするかな。
我々民草はバカだからねえ~

蓮舫女史本人のホームページを見たら「ご意見・ご感想」というのがあったので、いい女だし折角だからコメントを書いておいた。

蓮舫先生
先生が、国籍法に反する二重国籍保持者ではないか?との疑惑が広がっております。
中華民国籍放棄の証拠を、はやく主権者である国民に明示されてください。
 」

”台湾人”が日本の国務大臣を務めたり、国会で日本の国益について論じたり、果ては他人の法令違反を論うなどということで若しあれば、滑稽を通り越して日本という国をバカにしていよう。




ギャラリー
  • 山火事
  • TEST
  • TEST
  • Smooth Jazz
  • ビル爺さん
  • 離島防衛
最新コメント
記事検索
タグ絞り込み検索